去るモノは追わない

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!澤井です。

当メルマガを読んでくれている
あなたはご存知やと思うのですが、

オイラはちょくちょく、読者登録削除を
促すような行為をとります。

『オイラのことがキライなら

 サッサとどこかに消えてくれ!』

わざとこんな感じで上から目線で、
強めのメッセージを伝えるようにしておるんです。

どうしてそんなことをするのか?

それは、あなたとの関係を深めていくためです。

1日24時間、神さまが皆に平等に与えられた
その大切な時間の一部を使って、わざわざオイラの
メルマガを読んで下さっている。

これってホンマに感動的なことなんです。

むちゃくちゃ感謝してます。

いつも、ホンマにありがとう。^^

でね、このメルマガはいろいろな所から
登録できるようになっているんです。

フェイスブック、ブログ(アメブロ、シーサー、
FC2,ワードプレス)はもちろんのこと、
ツイッター、無料レポート、協賛、
今はやってませんが、読者増サービス
etc…

このように、いろいろな場所から
登録していただくので、

読者さんがオイラにもってくれる興味度に
ものスゴク温度差があるんですわ。

毎回、感想をくれたり、自分なりの考えなんかを
カキコしてくれたりする方がおられる傍ら、

捨てアドレスで登録して
ほったらかしにしている人や、

中にはヒドい言葉で返信してくる
バカ者もいてるんですわ。

「腐れ外道死ね」とか「詐欺師死ね」

みたいな感じ。

でね、こういうことをする方々には
ある共通点があるんです。

どーも、語尾に「死ね」って言葉をつけるのが好きみたい。爆

以前まででしたら、こういうメールをいただいた後、
負けん気の強いオイラは返信していたんです。

こういう感じでね、

『えぇーっと、”ステキな返信”どーもありがとう!!!

 最高にうれしいハッピー@澤井です。

 死ねと言うことですが、

 どうして私が死なないといけないのでしょうか?

 私が死んでしまわなくてはいけないほど

 あなたにご迷惑をおかけしましたか?

 もし、あなたの言う通りに私が死んでしまったら、

 あなたが私の家族をやしなってくれるのですか?』

すると、何人かはさらに返信してくるんです。

こんどは、ちょっとソフティーな言葉使いになってね。

『お前が、このようなメールを送りつけてくるからだ!』

みたいな感じで返信してくるパターンが多いです。

で、またまたオイラの出番。

『えっ、あなたは私の無料レポートを読むときに

 メールアドレスを登録したり、

 他の人の無料レポートを読むときに協賛の欄に

 チェックマーク入れませんでしたか?

 または、懸賞サイトかなんかに応募したのなら、

 その際の規約、きっちりとすみずみまで確認しましたか?』

すると、こんどは言い訳メールが返ってくるってのが
毎度のパターンですわ。

旧メルマガをはじめた頃は、オイラも甘ちゃんで、
1つ1つの出来事に一喜一憂して感情の浮き沈みが
あったんですが、

いろいろ勉強していくうちにマインドセットされ、
いまでは確固たる「ぴきマイ」があるので、たとえ、
隕石が地球に落ちてくるくらいの出来事があったとしても
ビクともしなくなりました。

もちろん、今は意味不明な行動をするひとや、
この人は自分にとって悪い影響を及ぼすな、
と判断した場合は、完全に無視してその場から
ダッシュで立ち去るように心がけております。

” 君子危うきに近寄らず ”

で、あります。

そして、以前までは読者の”数”は
多ければおおいほどいいと思っていましたが、
今はそれもなくなりました。

先日、フェイスブックの友達も1700人ほど
の方々とさよならしたばっかですしね。

「量」より「質」やな、と考えるようになりました。

よく、メールマガジン購読者数、数万人いてますよ、
みたいな読者数が多いことを売りにしている方がおられますが、
あれはあれで、一つの見せ方なのでいいと思います。

けど、あの方法は金がかかります。

ぶっちゃけ、超有名人でも毎月相当な額を
読者獲得(リスト購入)のためにつぎ込んでます。

ですので、オイラは質にこだわることにしました。

その方が、断然反応が違いますしね。

しかし、最初はソーシャルをフル活用して
広く浅くたくさん読者を集めてますよ。

なんせ、無料やし、超便利で整ったインフラを
使わないという理由なんてどこにもないですしね。

それらをフル活用し、たくさんの間口から
集めれるだけ集めて、、、

ふるいにかけるんです。

そこで、興味のある方だけに残って欲しいから、
わざと嫌われるような言葉を使ったりして
読者解除してもらうように促しているんです。

こんなことをすればみんなに嫌われるのでは?

と思いましたか?

これねぇ、全然大丈夫なんすよー。

逆に絆が深まるんですわ。

どうしてかというと、

『読者解除を促されたけど、私は残ります。

 なぜなら、あなた(澤井)のことを嫌ってるわけでもないし

 興味があるのでもっと知りたいから。』

実は読者解除を促す文章を読んだ時、

あなた自身が心の中で、無意識的に

上記のような意思決定をしているんですわ。

このようにあえて言語化すると、
なんかイヤらしい感じがするし、

オイラが心理学を学んで意図的に
あなたの感情を揺さぶって行動を誘発させているかの
ように思われてしまうかもしれませんが、

正直に言います。

完全に意図的です。

すべて計算ずくです。

そう、オイラは計算高いズル賢い人だったんです。

ですが、、、

ちょっとだけ、キライになるのは待ってね。

なぜ、意図的にこのようなことを
平気な顔でするのか?

それは、いつも裏表なくオイラ自身の
すべてを出しているから、

オイラ自身の本質を分かってくれる人は、
これ位のことは想定内だと思ってくれてると思うし、

逆にオイラが意図的に行っていることを
理解して『澤井っておもろいことすんなぁ』
と思ってテクニックを学んでくれる。

そう信じているし、確信もあるし、
また自信もあるからです。

今後、本当にどんどんと厳しい時代になってくるので、
一匹狼として生きる力は必須です。

でね、一匹狼で生きるってことは、
「個」で生きるってことですよね。

「個」で生きるといってもいろいろ方法があって
海で魚釣って、山に行ってイノシシを捕まえて
田んぼでコメ、畑で野菜を作る。

みたいな自給自足な生活もありますが、
その道一本じゃぁ、ちょっときついっすよねぇ。

病気もできひん。

じゃぁ、どうするか?

コミュニティをつくるんです。

このメルマガみたいにね。

しかも、今は超便利なネット環境があるので
容易にできるんですよ。

このメルマガでは、一匹狼として生きていくための
思考、そして個で生き抜く為にはどういうビジネスが
最善なのか?またその実行方法などを発信し続けたいと
考えています。

もっと具体的なことは、追々話ていこうと思うので、
末永くお付き合いして下さいね。

今日はここまでで、

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

もし、今日の記事を読んでオイラのことが
キライになっちゃった場合は遠慮なく
読者解除して下さいね。

去るモノは追いませんから。

ではまた。^^

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA