どのような本を読めばいいの?

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!澤井です。

数ある自己投資のなかで、
最もリーズナブルで価値のある
自己投資は本を読むことである。

と、オイラは考えてます。

なぜかと言うと、

以前にもメルマガでカキコしましたが、
著者が数十年かけて失敗や成功を繰り返し
導き出した最高の方法が、たった1冊の本の中に
凝縮されているからです。

本の値段ってだいたい、1500円~2000円くらいっすよね。

専門書になると、もう少し高くなってしまいますが、
それでも、塾とか専門学校うに通うことを考えれば破格です。

でね、いまでこそオイラは月に
20冊くらいの本を読んでいるのですが、

2年前までは全く本なんか読んでませんでした。

確か、最後に読んだまともな本は、
小学校の頃、読書感想文を書くために読んだ
「ながいながいペンギンの話」という題名の
本だったと記憶しています。

2年前までのオイラって仕事の時間以外は、
すべて浪費のために費やしてました。

どうでもよいテレビ番組をたらたらと見るは、
酒を飲みながらうだうだとくだらない話はするは、
昼寝はするは、何も考えないでボケーっとしたりするは、
小銭を稼いでは遊びほうけるは、

もー、本当に何も考えずに毎日まいにちを、
だただた無駄に過ごしていました。

博打は子供が産まれるのを期に
8年前に引退したのですが、
(ついでに1日4箱吸ってた煙草もやめました。)

時々、

パチンコに行って10万円くらい勝てへんかなぁ
この3万円で馬券買って100万円くらいになれへんかなぁ
宝くじで1等前後賞当たって億万長者になりたいなぁ

と頭の中で想像してみたり、それ以外に
考えるてることと言えば遊ぶことばっかでした。

よくテレビドラマなどに出てくる、
ろくでもない男の代名詞みたいな存在でした。

で、何もしてないくせに口では偉そうに格好つけて、

『俺はいつか億万長者になるビックな男だぜ!!』

みたいなことを本気でいってました。

今思えは、チョー恥ずかしいです。

穴があったら入りたいです。

消えてなくなってしまいたいくらいです。

しかし、なぜこのような自分の過去の恥を
こんな形で、いま暴露してしまったのかが謎です。

ってか、オイラはマゾか!!(→o←)ゞ

あ、生粋のドMでした。爆

そんなこたぁどーでもいいんす。

スミマセン、今日は本のお話でした。

気を取り直して、

一匹狼になるためには、スキルを磨く必要があります。

勇気をふり絞って挑戦し
何回もなんかいも失敗を繰り返しながら
少しずつ精度を上るとともに成功の確率も上げるのです。

しかし、下手な鉄砲数うちゃ当たる、と言われますが
できるだけ無駄な失敗を省いて近道したいですよね。

そう思うのが当然ですし、人間の性(さが)でもあります。

そのために本を読むんです。

本には著者が自分がどうやって失敗したのか、
またどうするのが一番効率がいいよ!

という答えが書いてあるのです。

本で学んで最終的に「行動する」と言う場面では
自分の意志で動かなければなりませんが、
予備知識を得て失敗の確率を減らすために
読書は必修だとオイラは考えます。

何も知らずに水の中に飛び込むよりは

泳ぎ方ってのが、いろいろあるってことを知って、
平泳ぎや、クロール、犬かきなど、メジャーな
泳法を頭に叩き込んでいたほうがよいってこと。

では、今日の本題です。

” どのような本を読めばいいの? ”

つまり、

自分が進化するためにどのような本を
チョイスするのが最善で効率がいのか?

ってことですよね。

答えは簡単です。

自分が憧れてる人やセミナーに参加した時の
講師がすすめている本を読めばいいのです。

オイラの場合で例えますね。

先ほどもカキコしましたが、
オイラが本を読みだしたのは2年前の6月です。

きっかけは、当時40歳になるのを期に
自分の人生を見つめなおしました。

どうしようないアホでしたが、

『やっぱ、こんな人生魅力的じゃない。

 たこ焼き焼くの大好きやし、

 お客さんとの会話も楽しくて大好きやけど、、、

 俺はもっと違う生き方をしてみたい。

 経済、時間、精神的自由な生活がしたい。

 で、ストレスフリーなライフスタイルを手に入れたいんや、

 てか、まだ40歳やし、まだいけるなぁ。

 よし人生の2章スタートさせるぞ!!』

こんな風に考えました。

サラリーマンではないので、
ある意味自由ではありましたが、

毎月決まった金額が銀行に振り込まれることもなければ、
ボーナスもないし、病気やけがで仕事を休めば
家賃や光熱費が払えなくなるので、休むことができません。

ですので、家族を持ってからは
ハンパないプレッシャーとの戦いでした。

まわりの人達には、

『アンタんところは左うちわでいいね!』

みたいなことをよく言われましたが、
完全に家計は火の車でした。

おそらく、そのプレッシャーがストレスとなって
抜け毛の進行が大幅にはやまったのだと考えています。

しかし、

経済、時間、精神的自由で、
ストレスフリーなライフスタイル。

ってのは、おおくの方が望む理想像っすよねぇ。

けど、そのおおくの方達の大半はそんなのは一部の金持ちだけの話で、
我々一般人からすれば、遠いおとい夢物語。

で、絶対に叶いっこない夢だ。

とあきらめちゃうんと思うんです。

けどねぇ、そんときはなんかピーンときたんすよ。

当時、はじめてネットビジネスの存在を知り
リアルでしか商売したことがなかったオイラは
その可能性にものすごく衝撃を受け自分も
やりたいと考えてたんです。

でね、やるからにはまずは行動やなと考え
東京まであるセミナーを受けに行きました。

わけあって超貧乏でギリギリの生活をしていたので、
一番安い夜行バス(片道3900円)で大阪、東京間を往復しました。

で、帰ってさっそくそのセミナー講師が
すすめていた本を読んでみたんですわ。

すると、、、

ますます、「自分の人生を変えたい!」
という気持ちが強くなりました。

言葉ではあらわせない位、なんかこう、
もの凄いエネルギーが全身から溢れ出し、
ガーっと力が湧いてきてムキムキマンに
なった気がしました。

で、こころの底から、

『絶対に生まれ変わってやる。

 俺の人生は今まではウォーミングアップだ、

 ここからが始まりだ!!』

と、メチャメチャ興奮したのを
今でも鮮明に覚えています。

で、あの時のモチベーションを保ったまま
2年の月日が流れいまにいたります。

たった、2年の間ですが、
超強烈でデンジャラスな濃い経験をしましたし、

少しは進化できたし、
少しずつ夢に近づいていってるな、
と考えてます。

その時に読んだ本は、

ロバート・キヨサキさんの

「金持父さん 貧乏父さん」

神田正典さんの

「非常識な成功法則」

です。

それから、神田さん、ロバートさんの本を読み漁り、
コピーライティング、マーケティングに興味を持ち
関連著書をやその他の本を読みまくりました。

すると、これくらいの文章は簡単に書けるようにまりました。

もっと続けろ、と言われればいくらでも書けてしまうし
キリがなくなってしまうので、そろそろまとめに入りたいと思います。

本を選ぶときのポイントは、

自分が憧れてる人やセミナーに参加した時の
講師がすすめている本を読む。

ってことでしたよね。

で、そこからさらにそのおすすめの著者の本を
ダーッと大人買いして読んだり、

Amazonなんかで買う時は、
「この本を買った人はこんな本にも興味があります。」
みたいに関連する本をおすすめしてくれているので、
それらを一緒に購入して勉強するのがいいと思います。

オイラはこうして本を買って知識を得ています。

今日はここまでです。

ではまた。^^

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA