行動したにもかかわらず、結果が出ない人の共通点

スポンサーリンク

[`twib` not found]


今、この記事を読んでくれているあなたは、、、

現状の自分の生活水準になんて
満足していないはず、ですよね?

だから、成功への糸口となる情報を求めて、
今もこうしてオイラの記事を読んでいる。

おそらく、そうなのではないでしょうか。

『ギクッ、図星つかれた!なんか超ムカつくんですけどー。』

できれば、いって欲しくないことを言われてちょっとムッとなり、
イライラした気分になってしまいませんでしたか?

ならば、合格です。

将来的にあなたが成功する確率は、かなり高いです。

『はっ、あなた(澤井)なに言ってるの?』

と、少しあたまの中が混乱してしまってるかもしれません。

しかし、、

正常なので、どーぞ、ご安心下さい。

どうして、いわれたくないことを言われてイラっとしたら合格なのか。

これはね、神田先生もおっしゃってましたが、

負のパワーは、行動への原動力になるからです。

『くっそー、負けてたまるか、今に見てろよ!』

という反骨精神がものすごいパワーとなって、
やる気をかきたてて、あなたの闘士に火を灯すのです。

オイラは、事あるごとにこんな感じっすよ。

で、逆に、いわれたくないことを言われてもイラっとするどころか、
何も感じなかったフリをしている、のほほ~んとした草食系?の人たち、

つまり、一般ピーポー(成功できない95%の人たち)は、
このさき成功できるという確率は、限りなくゼロに近いです。

どうしてかというと、、

臭いものにフタをして、知らんぷりしちゃってるから。

本当はね、このままではダメだってこと
うすうす感づいているんですよ、

『なんか自分が思い描いていた人生とは全然違う感じがするなぁ、

 このままでは、つまらない人生を送ってしまことになるぞ、

 こりゃヤバイ、なんとかしなきゃダメだ。』

ってね。

しかし、

一般常識が当たりまえである、という間違ったマインドセットを
幼少期から植えつけられているってことと、

もうひとつ、、

”妄想の世界の恐怖”に感情を支配されているので、
まともに現実を受け入れられなくなってしまい
なんとなく惰性で生きてしまっているから。

これはねぇ、ものすごく危険な状態なんですよ、

どういうことかというと、、

自分の現状、つまり「真実」をみるのが
怖くてコワくて仕方がないという心理状態に陥り、
恐怖のあまり自分のおかれている現状を直視できなくなってしまうのです。

成功、一匹狼

出来てないダメな部分は、自分自身が一番わかっているのに、
その現実をみることに怯るあまり、『エイヤー!』
っとフタを閉めちゃうのです。

学生の頃、出し忘れた空のお弁当箱とよく似た感じです。

日がたてば立つほど、中身がどうなてるのかが恐ろしくて
なかなかフタを開けれなくなってしまう状態です。

で、別に死ぬわけちゃうから大丈夫やろ、
みたいな感じで、自分がラクな気分になれる都合のいい、
言い訳を考えては、毎回その場をやり過ごす、
というとんでもない愚行を繰り返しているのです。

ダイエットなんかが、いい例っすね。

ダイエットって始めたころはものすごく気合入ってますよねぇ。

カロリー計算しながら食事制限して、

駅までの自転車を徒歩に変えてみたり、

万歩計買ってウォーキングしてみたり、と。

で、朝晩欠かさず体重計にのって、
少しつづ減ってくる体重や体脂肪を眺めては、
ニンマリを笑みを浮かべる。

しかーし、

なにかムシャクシャすることがあって、2日ほど
カロリーを無視して、焼き肉とか唐揚げのように
パンチの効いた食品をガッツイて食べ過ぎてしまったり、

忘年会シーズンで調子こいてお酒をガブガブと呑んで
美味しいお鍋なんかも毎晩のように、たらふく食べてしまった。

なぁんてときに、人は、

”妄想の世界の恐怖”

に、とり憑かれ超ビビってしまうのです。

こうなったら、もうおしまいです。

頭のなかは、恐怖でいっぱいです。

*ここでの恐怖とは、、
ぶっくぶくに太った「デブッチョマン」の自分像です。

恐ろしすぎて身動きひとつとれなくなり、
ガッチガチに全身が硬直してしまうのです。

で、スキを見つけた瞬間に、、、

一目散に反対の方へ走ってにげてしまうのです。

毎日欠かさずにやっていた体重測定から。

はい、ダイエット終了ーーー!

ですわ。

恐怖といっても完全に、妄想なのにね。

あなたも、こんな経験したことないですか?

オイラは、何回もありますよ。

せっかく2ヶ月間がんばって8キロほど
体重を落としたのに、

たった2日間ほど暴飲暴食したために、

ビビって体重計に乗れない。

たった、2日ほど食っただけで、
脂肪が3キロも増えたりしないのに、

へんな妄想をしてしまいビビって体重測れない。

次の日も、またその次の日も。。。

で、気づいた時には以前よりカラダが
一回り大きく成長していた。

という経験です。

この現象って、非常に恐ろしいことだとおもいませんか?

たまたま、ダイエットをたとえ話にだしましたが、

わかっちゃいるけど、”妄想の世界の恐怖”のために
せっかくの努力をポーイっなんて感じで、
簡単にほうり投げちゃうのって、なんだかもったいなくないっすか?

と、ここまでツラツラと文章をカキコしてきましたが、、、

ぜっんぜん、本日のお題

【行動したにもかかわらず、結果が出ない人の共通点】

に、結びつく気配がなさそうなので、
話を途中でぶった切ってササッと本題に入りたいと思います。

まぁ、あれっすね、現状を把握することはとても大切やで、

納得いかへんし、情けない結果を見るのがイヤな時もあるけど、

しっかりと現実を受け止めて前に進まないとアカン、ってことです。

では、本題です。

============================
行動しているにもかかわらず、なぜ成果に結びつかないのか?
============================

本も大量に読んでいるし、セミナーにもマメに参加しているし、
塾なんかにも入ったことがある。

のに、成果が出ない人、

って以外にたくさんおられますよね。

で、こういった人たちは2パターンに分けることが出来ます。

ひとつは、学んだだけで満足してしまう人。

もう一つは、学んで行動しているにもかかわらず成果が出ない人。

前者のパターンは、行動してないから成果を上げることなんて
物理的に不可能です。しかし解決方法は簡単ですよね。

アクションを起こせばいい、ただそれだけです。

で、後者です。

アクションを起こしているにもかかわらず、成果が出ない人。

アウトプットしたのに成果を出すことが出来ない、

それは、なぜでしょうか?

こっちも答えは以外に簡単です。

どうしてかというと、、

学んだことをやっただけで満足してしまっているから。

たとえば、

ブログの場合、記事を投稿しただけで
満足しちゃってませんか?

メルマガをはじめた場合もそう、

ネタ探して記事書いて投稿しただけで、満足ちゃってませんか?

サイトアフィリをはじめた場合、

サイト作っただけで満足しちゃってませんか?

ということです。

先日ね、オイラの友人がブログに
とてもいいことをカキコされてたのでシェアしたいと思います。

「初めての行動が最低最悪のものが出来る」

ここからが、スタートだってことですよね。

ちょこっと学んだことを、

ちょこっとだけやってみて、

簡単に成果なんて出ないよ。

と、いうことです。

ソニーの創業時のお話で、いい例え話ができるのですが、
これ以上オイラにお付き合いいただくのも悪い気がするので
今日はここまでにしたいと思います。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた。^^

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA