起業に興味があれば読んでみてね!

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!おいでやマスター澤井です。

オイラが何回も言っている
言葉があります。

それは

これからは”個の時代”である。

です。

『澤井さん、あんたしつこいよ!
 もう耳にタコができたらその話は
 いい加減やめてくれへん?』

と言う不満を漏らす方が
おられるかもしれませんが

非常に重要なことなので
あと100回位は言うと思うので
覚悟していてくださいね。

どうしても聞きたくないよ!

ってあなたとは今日でお別れです。

はい、ではさようなら。

さっ、これからの時代の事が全く読めない
わからず屋で将来がお先真っ暗らな
アンポンタン達とはお別れして

ここからは

時代の先読みができる
”先見の明”を持っていて

なおかつ

勉強熱心で謙虚で誠実で
ビジネスセンスもアリアリで

しかも

格好よいまたは美しいあなたと
同じ時間を共有できることを
大変うれしく思います。^^

オイラも含め最近
色々な方が、これからは

個の時代だ!

っと連呼されておりますよね。

どういうことかと申しますと

終身雇用の時代は終わり
組織に依存しているようでは
生きていけない。

政治に興味がある方なら
ご存知のように

国の社会保障にたよることも
できないしあてになんかなりません。

そして、グローバル化が進み
二極化され厳しい時代に
突入するので

自力で生きていかなくては
飢え死にをしてしまう

弱肉強食でサバイバルの
時代の到来!

ということです。

解りやすく言いますと

いくら勉強を頑張って
良いと言われる会社に入っても

いつ首を切られるかわからないし
昔のように毎年少しずつ

給料やボーナスが
アップすることなんかありえない。

しかし、特殊な技能を持つ者やスキルの高い
人材は重宝され高給を得ることが
可能ではあるが

誰でもできるような仕事しか
できないような人材は

アルバイトもしくは賃金の安い
外国人で賄えるので必要が
なくなってしまいます。

ですので

原始時代のように
自力で獲物を捕まえる力を
養わなければ生きていけない

ってことです。

一昔前までみたいに

学校を卒業後
企業に就職して

生涯賃金のだいたいの
目安を計算し

そこから逆算して

結婚し
子供を作り
マイホームを購入し
悠々自適と老後を過ごす

という今までの日本人の
王道とされていた人生を
歩むことができなくなったしまった。

ってことです。

『えぇ~!学生の時に一生懸命勉強して
 良い学校に入り、良い会社に就職すれば

 あとは定年まで会社が面倒を見てくれて
 老後の生活などの社会保障は国がきっちりと
 面倒を見てくれるんとちがうの?』

と、まだ夢のような希望を持っている
あなたには非常に残酷で辛いお知らせを
しなくてはなりません。

あなたが妄想している思考停止状態で
ハナクソをほじっていても人生を
ゴールまで道いてくれる夢のような

”レールに乗った人生”

ってのはもうこの世には
存在しないのです。

悲しいですが現実です。

どの路線を選択しても
そのレールは終点まで
あなたを運んでくれる保証はありません。

途中で脱線してしまうので
そこから先は自分の足で
ゴールを目指さなくてはならないってこと。

では

今後どうやって生きていけば良いのか?

一番手っ取り早いのは
さっさと会社を辞めて
起業して富を築くこと。

ですが・・・。

いきなり皆がこんなことできませんよねぇ。

ではどうすれば良いのか?

まずは”マインドセット”です。

依存型から創造型へチェンジしなくてはなりません。

【依存型とは?】
組織に属し他から与えられた
ことだけをこなすことを得意とする種族。

人と違う行為をするのを嫌い
新しい発見やアイデアを生み出すのが苦手なタイプ。

【創造型とは?】
組織に属さず常に創造し
クリエイティブな活動をするのが得意な種族。

イワシの大群のような皆と同じ行動をすることを嫌い
単純作業や自分以外の誰にでもできることを
するのが苦手なタイプ。

2つの思考の違い

ご理解いただけたでしょうか?

今後の人生を楽しくハッピーに
するためには”創造型”の思考を持った
人間にならなくてはいけません。

どうしても無理だってあなたは
可哀想ですが

年収200万円台で
細々と人生の終焉までをお過ごしください。

一言、付け加えておきますが

年収200万円台ってのは
生活保護受給者と同じレベルの
年収ってことですからね!

そこん所をご理解いただき
今一度、よ~く考えてくださいね。

では、先ほどの続きいきます!

依存型から創造型へ思考を変え
マインドセットもバッチリになりました。

じゃぁ具体的にどうするの?

方法は2つあります。

1つ目は今の会社でめちゃめちゃ頑張ること。
マインドセットを変えているはずなので
今までの自分とは違うはずです。

会社の中でも常識を覆す
非常識な行動でバリバリと結果をだし
ライバルたちをごぼう抜きして下さい。

そうすることでおのずと年収は
上がってくるでしょう。

しかしこの方法にはデメリットもあります。

・まず、組織からは抜け出せていない
・休み返上で長時間労働をしなくてはいけない
・精神的・時間的苦痛からは逃れられない
・同僚たちに妬まれる可能性がある
・2億円位会社の売り上げに貢献しても
 自分の報酬アップは微々たるものである。
・よくいっても年収1000万位までの可能性が大である。
・社会情勢により会社が倒産すれば元も子もなくなる。

良く考えたらメリットのほうが
少ないかもしれませんなぁ。

けど、ヘッドハンティングされる可能性も
少なからずあるのでやれる方は是非チャレンジして下さいね。

オイラは絶対にしませんが・・・。

で、2つめの方法です。

コチラはおすすめのプランですよ!

まずは副業からでもいいので起業して下さい。

1つ注意をしてほしいのですが
この時点で

『いやぁ~、ウチの会社副業NGやねんなぁ~。』

って言っているようでは
あなたが思う理想の人生を
手に入れることはできませんよ。

自分自身が生まれ変わるためには
今までと同じ行動をしていては
ダメですよね。

成功を掴むためには
リスクは付き物です。

『澤井さん、マインドセットも持ったし
 リスクがあるってことも理解できました。

 でも、起業といっても
 一体全体何をどうはじめたらいいの?』

という質問が殺到しそうですので
お答えいたしますね。

オイラのおすすめは
インフォビジネスを始めるのが
良いと思いますよ。

オイラはオンライン・オフラインともに
経験しましたが、圧倒的にリスクが
少ないのがインフォビジネスです。

起業するのにほとんど資金がかかりませんし

例え失敗してもダメージがほとんど0なので
すぐに気持ちを切り替えて次に進めます。

オフラインの場合は最初にある程度の
資金が必要なので、1度の失敗をしただけで
復活までにかなりの時間と労力を要する
可能性があるんです。

ですので、今から始めるのなら
インフォビジネスがいいんですわ。

始めやすいが故にライバルたちも多いのですが
皆、すぐにやめていってしまうので
頑張り次第では大きな富を築くことも可能です。

オイラの知人なんですが
インフォビジネス参入1年目で
月収が1億円になったという化け物もいてますよ!

このようなことが実際に起こってしまうのが
インフォビジネスの世界です。

ちょっと、すいません。

ここまで長々とお付き合い
頂いたあなたには非常に感謝しております。

もっと、もっといっぱい
伝えたいことが山ほどあるんですが

もう、限界です。

右肩が・・・。

ぶっちゃけますが

ここ数日間、四十肩というものに
苦しめられておるんですわ。

マウスを動かすたびに
激痛が走ります。汗

しかし、今日もっとも伝えたいことを
まだ言っておりませんでしたので
最後の力を振り絞ってキーボドをたたきたいと思います。

本日は今後、生きていくためには
依存型ではなく創造型の思考を持ち
自力で生きていかなくてはならない。

そして起業するのがベターだ!
とお伝えしましたよね。

その起業するにあたりめちゃ重要で
大切なマインドセットがあるんです。

それは

”テンプレート型”になってはいけないってこと。

どういうことかと申しますと

インフォビジネスを始める場合

・一日何時間作業すれば稼げますか?
・ステップメールは何回組めばいいんですか?
・一日何回メールを送ればいいんですか?
・何か月学んだら月100万稼げるようになりますか?
・ツイッターは何分おきに呟けばいいんですか?

こういう細かいことを言っていてはダメってことです。

つまりビジネスってのは

プラモデルみたいに
一番と二番と三番を組み合し
最後に四番と合体させれば完成だ!

のような成功までの説明書はないってこと。

そして会社員のように
何時間働いたからこれだけ収益が
あがる。っていう保証もないってこと。

最初は本質を掴むために真似を
することも必要ですが

いずれは自分で創造しオリジナルに
ならなくてはいけないってことです。

けど、実際問題生活費を稼ぐことも
大切です。

そういう細かいテクニックは
メルマガを確認してくださいね。

たぶん日頃の運動不足が
原因やと思うんですが
本気で肩が痛いんですよ~。

ですんで今からスギ薬局に
湿布を買いに行ってまいります。

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA