やっぱ好きやねん

スポンサーリンク

[`twib` not found]


先日、ご先祖さまに年始のあいさつをした
帰りの車の中で悲しい知らせをきいた。

で「生きる」ってなに?と考えてみた。

ボク自身は無宗教ですが、、

基本的に「生きること」とは魂(精神)の修行の場であって、
今はたまたま神様から人間として仮の姿をいただいて、
人として修行しながら魂を磨くための旅をしているんだ。

と、考えてます。

で、おそかれはやかれ次の修業先へ行くために
神様がお迎えにきてくれる前までは、、

与えられた任務(人として生きること)を
一生懸命まっとうしながら自身の魂を高め
次の旅路への準備をしとかないとな、

なんて考えながら生きてます。

どうしてかというと、、

人としての修行が終わったとき、人間としての
形みたいなものはなくなってしまうのですが、

魂(精神)は永遠になくならないものであり、
また磨き続けなければならないものであるから。

そして魂のレベルって次の修業先に持ち越されるんです。

ですので、修行中に人をキズツけたり、
ダマすというような悪いことをしたり、

ただ、ぼーっとして人生をムダにしながら
修行をサボったりしていると、

神様は空の上のほうの高いところから、
ことの始終をちゃーんと見ているので、
次の修業先をかなりキビシい所にされちゃうんです。

何もしてないのに人間に見つかっただけで、
親の敵のような目で見られ、ペチャンコに
なるまで叩き潰されてしまうゴキブリとか、

生ゴミを漁って飢えをしのぎ、ドブ川とか
水たまりの超体に悪い水で渇きを癒しながら
生きていかなくてはいけない野良猫とか、

くっさ〜いウンコちゃんが大好物な銀バエとか、

こんな感じで、

『おいおい神様マジですか、

 その修業先だけは、ちょっと勘弁して下さいよ』

というようなキビシい修業先しか
与えてもらえなくなるんです。

そんなところにいくなんて、まっぴらゴメンだから、

人として与えられた人生を真剣に生きなきゃな、

おいしいご飯をたべてうれしい気分になったり、
美しい景色を見て感動できたり、大好きな人たちと
一緒にいれて幸せを感じたりできることに感謝しなきゃな、

そして、人としての修行の時間なんて
あっという間に終わってしまうので、
「今この瞬間」を大切にしなきゃな、

と思います。

で、ボクなりにどのような修行をすれば、
次の修業先もいいところに行けるのかな?
なんてことを考えてみました。

人間界では、修行をがんばると成功できますよねぇ。

けど、成功といっても人それぞれ捉え方や感じ方が違います。

高級マンションに住んでスポーツカーを乗り回すとか、、

美女1000人とやりまくるとか、、

会社をおこして上場させるとか、、

と、まぁ、いろいろありますわ。

しかし、ボクは究極の修行はこうだ!

みたいなものを発見してしまいました。

この修行法はねぇ、かなり強力ですよ。

この修行法をマジメにまっとうすると、

次の修業先は、

「福山雅治」とか「ベッカム」とか「レディーガガ」

というレベルに確実にいけると思います。

『はっ?』なんで有名人なの、と思いましたか。

しかしこれ実はねぇ、ちゃーんと繋がっているんですよ、

究極の修行法と。

では、いよいよ究極の修行法を発表したいと思います。

究極の修行法とは、、

「どれだけ多くの人によい影響を与えることができるか」

だと考えます。

一生のうちにどれだけ稼いだとか、
不動産どれだけ持ったとか、
何人の美女とエッチしたとか、

そのように手に入れたモノとか
自身の実績みたいなもんはどうでもよくて、、

生きてる間にどれだけ多くの人の人生に
影響を与えることができるのか。

これが究極系なんじゃないの、と考えます。

し、ボク自身の人生もそうでありたいと思います。

たかじんさんが人生の修行を終え、
どれだけ多くの人が涙したでしょうか。

ボクはたかじんさんが与え続けた
影響力の賜物だと思います。

Z322002395

うちのお父ちゃんと同じ年で修行を終えるのは、
ちょっぴりはやい気がしますが、、

神様が、

『おい、たかじん、

 次の修業先がきまったぞ!

 はやくあっちにいけ』

と、すでに次の修業先に送り込んで
しまったので文句いっても仕方ないっすよね。

ご冥福をお祈りいたします。

ではまた。^^

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA