無理なポジティブシンキングは全くの無意味

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~おいでやマスター澤井です。

よく成功するためのビジネス本や
自己啓発の本などには

物事をなんでも”ポジティブに考えよう”
って事が書いてありますよねぇ。

果たして本に書かれているように
本当になんでもポジティブに考えて
良いものなのか?

とオイラは思うんです。

例えば

とある保険会社のお話

その保険会社がある地域には
複数の生命保険会社のオフィスが
集まっていました。

保険の外交員たちは
毎朝ミーティングを開きます。

ポジティブな標語を唱え
社歌を歌って机のまわりを行動し

やる気の出る音声を聞いたり
映像を見たりしてテンションを高めます。

こうすることにより

怖いものが無くなり
モチベーションがMAXになります。

仕上げに

近くのショッピングセンター内にある行きつけの
カフェに意気揚々と乗り込み出陣前の
カフェインを補充する。

そして出陣の時間をむかえると
やる気満々で勢いよく皆が飛び出していきます。

中には

『今日は100万円いったるで~!』

のような威勢のいい言葉も
聞こえてきたりします。

そのショッピングセンターには
カフェ以外にもいろいろな飲食店があり
居酒屋さんもありました。

その中の、ある居酒屋さんは
夕方5時からは”ハッピーアワー”
になっていて飲み物が半額になるんです。

いつも5時を過ぎると
営業を終えた外交員たちが
ここに集まってきます。

皆、朝とはまるで別人だ!

朝のやる気は見る影もなく

足を引きずり
肩を落とし
うなだれて

こう言います。

『この町では誰も保険なんかには入らない。
 だって失業者ばっかりやねんから!』

『俺には、チャンスらしいチャンスなんかなかった』

朝の猛烈なやる気はどこへ消えてしまったのか?

実は外交官たちのやる気ってのは
はじめから幻想に過ぎなかったんです。

なぜなら

それは根拠のないやる気だったから

つまり

根拠のないやる気は
フラストレーションを生み
シニシズムを生み出しかねないってこと。

このように

ただ、むやみやたらと
やる気だけを高めることは

根拠もなしにポジティブに考える
のと同じように全くの無意味ってことっすよね。

ではどのようにすればよいのでしょうか?

それは

まず、しっかりとした土台を作ります。

セルフイメージですな。

綿密な目標設定をし現実的な
プランとノウハウを持つように
心がけ1つ1つクリアしていく。

そうすることにより

おのずと将来を楽観視することが
できるようになりポジティブに考え

また、どんどんと行動できるように
なっていくのではないのでしょうか?

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA