意識するだけで商売がうまくいく2つのポイント

スポンサーリンク

[`twib` not found]


どーも澤井です。

あなたはどのような時に
お財布を開いてお金を使いますか?

・小腹がすいた時にコンビニで
・髪がボサボサに伸びたので美容室で
・メタボってきたのでダイエット食品に
・仕事が忙しく体にガタがきたのでマッサージに
・リフレッシュするために海外旅行に
・気のあう仲間で集まってカラオケでパーッと

etc…

まぁ、普通に生きてたら
上記どれかの理由で
お金を使った経験はあると思います。

『そんなこと、あたりまえやん!』

確かにそうっすよね。

では、質問の内容を
変えてみたいと思います。

じゃぁ、なぜあなたは
上記シチュエーションに
遭遇した時にお金をつかったの?

《理由》

●コンビニに行ったのは、

 空腹感を満たすために
 おにぎりを買おうと思ったから

●美容室に行ったのは、

 思い通りのヘアースタイル
 にセットしたかったから

●ダイエット食品を買ったのは、

 ポッコリお腹を解消して
 格好よくなりたかったから

●マッサージに行ったのは、

 全身ののコリをほぐすことで、
 自身のパフォーマンスが
 向上する、と考えたから。

●海外旅行に行ったのは、

 非日常を体験することで、
 新たな気づきorリフレッシュ
 した気分を味わうため

●カラオケに行ったのは、

 日頃のストレスやうっぷんを
 歌いまくることで解消できるから

これらのように

人は”目的を達成したい時”に
お金を使う、と考えることが
できますよね。

ここからが、とても重要なので
集中して下さいね。

先ほど、ダブルクォーテーションで
はさんだ、

”目的を達成したい時”
↑ ↑ ↑
ここがお金儲けのポイントとなります。

どういうことかと言うと、、

人間が、『目的を達成したい!』と
考える時って、心理学的に2パターン
しかないのです。

その2パターンとは

・苦痛から逃れることと
・快楽を得ること

です。

たとえば、、

腹減った
綺麗になりたい
遊びにいきたい
アレが欲しい
コレが欲しい
痩せたい
賢くなりたい
あの子と付き合いたい
別れたい
金持ちになりたい

これらすべての欲求
どれをとっても、

・苦痛から逃れることと
・快楽を得ること

このどちらかの
パターンでしかありません。

そして、人は感情が動いた時に
お金を使う、といわれます。

だから、、

「苦痛から逃れたい」

もしくは

「快楽を得たい」

人の欲求を満たして
あげる方法を体系化
すれば、ビジネスになる。

と考えることができます。

言葉をかえると、

「悩み解消」

もしくは

「楽しませてあげる」

だけで立派なビジネスになる、
ってことです。

かなり分かりやすく
カキコしたつもりですが、

イマイチようわからんわ!

ってな場合は、
メッセージくださいね。

ではまた。

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA