ただ数稽古すればいいってもんじゃない

スポンサーリンク

[`twib` not found]


澤井です。

あなたは、どのような意識で練習してますか?

自身の体験談です。

ここ最近、動画を撮影する場面が
チラホラと増えてきたのですが、、

僕は超苦手なんです。

なぜ苦手なのかというと、

普段、関西弁を
使っているのですが、

丁寧なよそ行きさん語で
トークをはじめたとたん、、

早口になって舌が
回らなくなって

カミカミ状態に
なってしまうのです。

いざ、動画を撮ろうと
パソコンの前に座り

録画開始ボタンを
ポチッと押した瞬間に、、

噛んだらどうしよう
噛んだらどうしよう
噛んだらどうしよう

というマイナスの感情が
頭の中を駆け巡り、

イメージ通りの結果、

つまり、開始2秒で
噛んでしまって、

『チッくそ! 

 ほら、やっぱ噛んだやんか、

 またやり直しや。』

ってな行動を何回も
くり返してしまうのです。

で、その失敗の不安を
取り払うために

オウムのように
何回も何回も練習
したりして。。

しかし、

先日、僕の数少ない
友人のひとりに、、

厳しい言葉を
投げかけられました。

『澤井さん、

 最初から失敗すること
 前提で練習しても
 まったく意味ないっすよ。

 1発で決めるくらいの
 目的意識と覚悟を
 もってやらないと

 いくら練習しても、
 その行為は、

 ただの時間のムダっすよ。』

カチーンときましたね。

たくさん練習する
ことの何が悪いねん!

本番で失敗しないように
たくさん練習する行為の
どこがアカンねん!

野球の素振りだって、
100回やるより
1000回やった方が効果的やんか!

他にもいろいろと
アドバイスをくれたんすが、

その日はカッカしたまま
床に就きました。

で、翌日です。

例の動画撮影を
はじめたのですが、

昨日までの苦労が
ウソのように

すんなりと撮影することが
できたんです。

NGを1回出しましたが、

僕の中ではNGがたった1回
なんて奇跡に近い数字です。

その時、

ハッとしました。

なぜなら、

昨日の友人の言葉を
思い出して、

1発で決めてやるぞ!

と意識して動画撮影を
開始していたのです。

いつものように、

噛んだらどうしよう。

などというマイナスな
イメージはまったくなく、

こんな簡単な動画撮影くらい
3分以内でチャッチャと
すませてやるぜ!

と、1発で決めている自分像を
イメージしながら
動画撮影を開始したんです。

はは〜ん、

彼が伝えたかったことって
こういうことだったのか。

と理解すると同時に
感謝の気持がこみ上げて
きたので、

即効でお礼のメッセージを
送りました。

と、ここまでが体験談です。

で、急展開ですが
内容をまとめると、、

練習する時は、
イメージを大切にすること。

よく、「量」より「質」
なんて言葉を耳にしますが

それを大前提にふまえた上で、、

成功できている自分像を
意識しながら行動(練習)
することで、

効果が倍増するんだ、
ということを身をもって
体感しました。

言葉を変えると、、

本番で失敗してしまう
不安を取り払くことを
目的として練習するのではなく、

俺はできるんだ!と
自分を信じて

できている自分像を
イメージしながら
練習するとこが大切なのです。

さらに、いい変えると、、、

セルフイメージを
高くもって練習に励むべし
ってことですな。

人生って一生勉強ですよね。

万物に感謝っす!^^

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA