価値ある人生とは?

スポンサーリンク

[`twib` not found]


澤井です。
 
どのような生き方が本当の幸せなの?
 
人は3歳から9歳までに受ける影響で
残りの人生を生きていく価値観の土台
が形成されるといわれます。
 
生まれた時代や国、環境(家庭)によって
受ける影響は様々なので、価値観や思想
は違って当然ではあるのですが、、
 
今朝の悲しいニュースを見ながら、
非常識かもしれませんが、
 
オレって日本人に生まれて
本当に幸せだな
(理由は読み進めると理解できます)
 
と、しみじみとありがたみを
噛み締めながらふとこんな
ことを思いました。
 
==============
価値ある人生ってなんやねん?
==============
 

そして、生き方について考えてみた結果、
ザックリとではありますが、3つの
パターンがあることがわかりました。
 
*いつものごとく、完全にボクの主観
でのお話ですので、反論はスルーします
し、違った考え方をもたれた方と議論
する気もないのであしからず。
 
人が人生を歩むためのパターンは、
 
・労働力の奉仕
・価値の提供
・奪う

 
この3つかな、と。
 
1つずつ説明したいと思います。
 
先ずは、1つ目。
 
●労働力を奉仕する生き方
 
このパターンは、いわゆる
サラリーマンタイプですね。
 
自らの労働力を奉仕することで、
自分の欲求を満たすモノを手に入れる
ために必要となる交換チケット、
 
つまり、「お金」を手に入れて
その限られたお金の中で
 
やりくりしながら、人生を謳歌する
という生き方です。
 
しかし、これまで大多数の日本人が
先人達から間違った教育観を
植え付けられた影響で、、
 
できるだけ待遇のよい会社に入れる
ように学生の間にたくさん勉強して
いい学校に入っていい会社に就職しよう。
 
で、いい会社に就職したらラクな人生を
送ることができるんだ。
 
と、いうような価値観を持ってしま
っているキビシい現状となってます。
 
極端な例えですが、
 
東大卒業者は、全員ラクな人生を
送ることができて、
 
中卒者は、全員ツラくてキビシい
人生を送ることになるのか?
 
ってことです。
 
また、学歴うんぬん関係なしに
雇用される側は、これからの時代
相当リスキーなので、
 
それなりの覚悟と、いつ訪れるかわからない
最悪の事態(倒産、リストラ)になったとしても、
 
生活のステータスを維持するための逃げ道
を準備しておく必要があると考えます。
 
次に2つ目。
 
●価値を提供する生き方
 
このパターンは、起業家(経営者)タイプです。
 
人の欲求を満た(問題を解決)してあげる
対価としてお金をいただく生き方です。
 
ボクはこのタイプに属しますね。
 
下を見たらキリがありませんが、
これまでボク自身の人生は、
 
波乱万丈でしたし、どちらかと言えば
底辺と呼ばれてもおかしくない環境
(裏街道)で育ってきました。
 
いくつかピックアップすると、、
 
・電気とガスが止まった真っ暗けの
部屋の片隅で、当時幼稚園の弟とガタガタ
身を震わせながら呑み歩いている父親の
帰りを待っていた。(父子家庭でした)
 
・借金取りからの電話に出てしまった
がために、電話ごしに怖いおじさんに
凄まれたり、玄関に張り紙をされたり、
ドンドンをドアを叩かれたりしましたが、
恐怖のあまり息を殺して布団の中に
潜りこみ耳を塞いでいました。
 
・家にお風呂がなかったので、
1週間くらいお風呂に入らないのは
当たり前でした。で、いま思えば不潔ですが
教科書を開いてその上で頭をポリポリすると
白い粉がパラパラと舞い散るので、楽しいな♪
なぁんて思ってたのですが、、
あの白い粉の正体はフケだったのですね。^^;
 
・ある日、突然知らないおじさん達が
家に押し掛けてきて家財道具をすべて
持って行かれたという経験が3回あります。
 
・住むところがなくなって、自分の荷物が
みかん箱ひとつだけになったこともあります。
 
まぁ、ここまで読んでくれているあなたは
ボクの生い立ちを知って、ドン引きして
しまったかもしれませんが、
 
一般の人にはできない貴重な経験を
できたからこそ今の自分があるんだ。
と考えているので、
 
むちゃくちゃだったけど、
オヤジには感謝しています。
 
し、こんなボクでも25年間自営で
メシ食ってますし大切な家族を持つ
こともできました。
 
そして、自身の可能性にもワクワクした
状態で年を重ねるごとに人生が楽しく
なってきている状態です。
 
なので、ボク的にはこのタイプの生き方が
一番いい、というか、、
 
人生なんて自分次第でなんとでもなるよ!
 
という事実をボクの経験から
声を大にしてあなたに伝えたいのです。
 
ヤバい、終わったかも!!
 
という状況が訪れたとしても
のど元過ぎればなんとやら
ってことですわ。笑
 
なんか話しの内容がズレている
感じがしますが、無視して最後。
 
3つ目です。
 
●力ずくで奪う生き方
 
この生き方は最悪です。
 
雇用されて労働することもできず、
また、自身で価値を産み出すことも
しようとしないズルい人達の生き方です。
 
いや、それらを拒否せざるを得ないような
環境で育ってしまった人達の悲しい末裔
なのかもしれません。
 
が、、
 
理由はどうであれ、人様からモノを奪う行為は
ゆるされることではありません。
 
で、おそらくこの記事を読んでくてれいる
あなたは日本人なのでかなり恵まれた環境
であると考えます。
 
なぜかというと、
 
機関銃を持った兵士から逃げたり
空爆やテロに怯えることなんてないし、
 
働かなくても飢え死に
してしまうことがないし
 
何でもやりたいことを自由にできる
環境が平等に与えられた日本、
(不幸自慢を聞く気はないのであしからず)
 
というとても恵まれた国に
生まれてきたのですから。
 
なので、細かいことでギャーギャー
騒ぐなんて言語道断です。
 
そろそろお出かけの時間なので,
強引にまとめますが、
 
外的要因に左右されるのではなく
本能の赴くまま自分の意志で
価値を創造しながら生きてく人生。
 
が、最高なんじゃないの?
とボク的には感じました。
 
ではまた。^^

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA