典型的な貧乏人の考え方

スポンサーリンク

[`twib` not found]


富を得たい人は知って損しない考え方です。

ボクは商売人家系出身ですが、
まったく富を構築できない部類

つまり、「貧乏商売人家系」
の教育を受けて育った影響で
自身も食ってちょんの生活を
かれこれ20年以上続けていました。

なぜなら商売とは、

・牛のよだれだ
・薄利多売が鉄則だ
・1分でも長く店を開けろ
・辛抱すれば必ずいいことがある
・利益をギリギリまで削れば客が喜ぶ

これらのような古くさい
昭和の時代にしか通用しない
マインドセットを幼少の頃から
叩き込まれてきたからです。

また、超メチャメチャな
生き方なんだけど

ツラい思いをしながらも
必死で生計を立てている
オヤジやその兄弟達の姿を

まざまざとリアルに見せつけ
られながら育ってきたので、

*夜逃げ、差し押さえ、
 借金取りからの取り立て、
 飯や風呂ヌキが当たり前の世界

自身の体にビシバシと
ムチを打って苦労に
苦労をかさねることが

商売人の真の姿、鏡である
と本気で思ってました。

し、その苦労がお客さまの
心に届いて共感を得る
ことができるからこそ
モノを買って頂けるんだ。

という完全に勘違いした
ただ自分が心地いいだけの
妄想の世界の住人でもありました。

*基本お客さまってのは、
 商品(サービス)ができるまでの
 プロセスなんてどーでもよくて、
 ”手に入れることができる結果”だけに
 しか興味がないってことです。
 ライザップのCMそのものですわ。

なので、寝る間も惜しんで
頑張って仕事しまくったのに
(18時間労働を3年経験済み)

彼ら(オヤジや親戚達、
その周りの商売人)
と同じような道を歩み、

また同じようなステータス
を手に入れ(頑張ってるのに貧乏)

さらに同じような大失敗(自業自得
ですが、まぁ悲惨ですわ)を
してしまったのです。

いま思えば究極のマゾ生活
を親子代々受け継いでいたのです。(笑)

聞いたことある日本語で言うと

「朱に交われば赤く染まる」
「類は友を呼ぶ」

まさしくこのような感じで、

ナウでかっちょいい
言い方をすれば、

「ミラーニューロン」

と呼ばれてるやつですな。

ですが、ボクに商売のイロハを
教えてくれた先人達の時代とは
大きく異なり今は情報社会(時代)です。

しかも、声を大にして叫びたいのですが
本当に誰にでも成功できるチャンスがある
最高の時代だ!とハッキリと断言できます。

なので新しい情報を取り
入れ真剣に学び考え方を
まるっきり変えることによって

ボク自身は数年前に
古くさいマインドセットを
取っ払うことはできた

パチパチパチ〜。^^

のですが、、

まだまだ世の中の98%くらいの
商売人が古くさいマインドセット
のまんまだと感じるし

自身もそうだったのですが、
そのマインドセットの中でも特に、

「高いお金を請求すること」にたいして
すごくメンタルブロックがあるように
感じています。

ここで、

『え、高いお金ってどういったものなの?』

と疑問をもったあなたに
ボクの商売の場合で
わかりやすくたとえると、

同じようなサービスが
他にもたくさんあって

比較的、相場がわかりやすく
しかも安価で誰でも買いやすい
8個300円で売っている

たこ焼きのような
商品を売る場合は

なんの抵抗もなく
売ることができるのにたいして、

必要とする人には
ものすごく価値が高い
商品(サービス)なんだけど、

一般人の誰もが認知しているほど
市場には出回っていなく

しかもコンサルティング
のような商品自体をパッと
イメージしにくいようなサービス

たとえば、

ライターになるためではなく
あなたの理想的な見込み顧客
つまり熱狂的なファンをガンガンに
増やすためのコピーライティング術

や、それらの効果を最大限に
活かし売る上げを最大化
させるためのマーケティング術

などのサービスをセールスする場合は
そこそこの高額になってしまうので、

「本当にこの値段設定でいいのかなぁ?」
「これって高すぎるかなぁ?」

または、

「相手がお金がないっていってる
 から請求しにくいなぁ」

なんてメンタルブロックが
かかってしまいがちです。
(以前のボクもそうでした。)

が、視野を広げて
商売の鉄則である

「価値と対価の交換の本質」を
深く理解することで

いつしかその壁は消えて
なくなってしいましたよ。

で、また別の面白い
たとえ話があって
どういうはなしかというと、

まったく同じ内容のサービスを
ある二人に試してみる、
という実験をしたらしいのです。

ひとりからは20万円をもらって
もうひとりは無料で。

で、結果どうなったかというと、、

20万円払った方は成果が出て
無料でやったほうは
さっぱりだった、とのこと。

この実験結果より
サービスの内容も、
もちろん大切ではあるのですが、

受ける側のコミットメント
の度合いもベリーインポータント
(とても重要である)なんだ
と理解することができますよね。

実際にあなたも

無料(安い)⇒価値が低い⇒だから適当でいいや

なぁんて思ったことありませんか?

ボクはバリバリに
そのように感じたことあるし、

それが人として当然の
心理であるとも考えます。

で、そのように考えると、、

一生懸命学んで得たスキルを
よかれと思って何でもかんでも
安売りしてしまうってのも、

相手のためにならない
(コミットメント度が低い)ので
どーかな、と思えてきませんか?

まぁ、今は無料提供が当たり前の
時代なので選ばれるためには、

魅せ方や情報の出し方
のさじ加減にある程度のセンス
は必要やと思いますがね。

ここを知りたいんや!ってあなたに
ちょっとだけヒント。

「WHAT」の部分を無料で提供して
「HOW」の部分を課金制にすれば
バッチリですよ♪

で、さらにもっと深く知って
マネタイズしたいんや!

って、あなたはメッセくださいねー。

最後に、、

先日とあるメルマガで
面白いリンクを見つけました。

お金を儲けることに躊躇して
しまっているあなたにはもってこいです。

とてもわかりやすく「富のメカニズム」を
理解することができる内容となっているので、
以下にリンク貼っときますねー。

http://bit.ly/1fcKO8D

ではまた。^^

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA