自問自答

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!おいでやマスター澤井です。

お師匠様のお言葉っす。

自分のしたことを
他の人々が評価する。

ほめられる場合もあろうし
けなされる場合もある。

冷やかに無視されることもあろうし
過分の評価にびっくりするころもあろう。

さまざまの見方があって
さまざまの評価である。

だから、うれしくなって
心躍るときもあれば

理解の乏しさに心を
暗くするときもある。

一喜一憂は人の世の習い。

賛美いずれも、ありがたいわが身の
戒めと受け取りたい。

だがしかし
やっぱり大事なことは

他人の評価もさることながら

まず自分で自分を評価する
ということである。

自分のしたことが
本当に正しかったかどうか

その考え、そのふるまいに
本当に誤りがなかったかどうか

素直に正しく自己評価する
ということである。

そのためには

素直な自問自答を
繰り返し行わなければならない。

みずからに問いつつ
みずから答える。

これは決して容易ではない。

容易な心構えで
できることではないのである。

しかし

そこから真の勇気がわく。

真の知恵もわいてくる。

もう一度、自問自答してみたい。

もう一度、みずからに問い
みずからに答えたい。

松下 幸之助

ーーー以上ーーー

この自問自答って
人間形成にはめちゃ大切やと思います。

日本人って人と違うことを
する人のことを変人扱いし

皆、同じ流れにのって行動することに
居心地の良さを感じる習性をもっている
民族です。

『皆がこう言ってるから
 こっちが正しいんや!』

みたいな感じで自分の意思より
他人の目を気にして生きている
感じがします。

やはり

まず自分で自分を評価する

こいつがベリーインポータントっすな!
ふにゃチンの意味ではありません!!
 とても重要だ!!と言う意味です。)

自分に自信を持って行動し
間違いではなかったのかどうか?

と他人の評価など気にせず
自分自身で判断し次に繋げる。

こうでなくちゃいけませんな!

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA