心の鏡

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!おいでやマスター澤井です。

自分の身なりを正すためには
人はまず鏡の前に立つ。

鏡は正直である。

ありのままの姿を
ありのままにそこに映し出す。

自分のネクタイは曲がっていないと
頑固に言い張る人でも

鏡の前に立てば、その曲直は
一目りょうぜんである。

だから人は

その誤ちをみとめ
これを直す。

身なりは鏡で正せるとしても
心の歪みまでも映し出しはしない。

だから人はとかく

自分の考えやふるまいの誤りが
自覚しにくい。

心の鏡がないのだから
ムリもないといえばそれまでだが

けれど求める心
謙虚な心さえあれば

心の鏡は随所にある。

自分の周囲にある物、いる人

これすべて

わが心の反映である。

わが心の鏡である。

すべての物がわが心を映し
すべての人がわが心に
つながっているのである。

古の聖賢は
『まず自分の目から梁を取り除けよ』
と教えた。

もう少し周囲をよく見たい。

もう少し周囲の人の声に耳を傾けたい。

この謙虚な心、素直な心があれば
人も物もみな、わが心の鏡として

自分の考え
自分の振る舞いの正邪が

そこにありのままに
映し出されてくるであろう。

松下 幸之助

ーーーーーーーーーーーーーーー

『心の鏡』

この意味は深いっすよね。

外観は着る物や身に着けるもの
また、化粧などで作り出すことが
簡単にできますが

内面って言うものは
常に意識しておかなければ
磨かれていかないっすもんね。

『類は友を呼ぶ』

ってことわざがありますが
だいたいの人は自分に似通った
ステータスの人と付き合っています。

しかし自己成長のためには

今後、付き合っていく人を選ぶことも
必要になってくるんではないでしょうか?

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA