恵まれている

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!おいでやマスター澤井です。

オイラは最近どんなことにも
『ありがとう』と感謝するように
心がけております。

お師匠様のお言葉です。

人間と言うものは
誠に勝手なもので

他人をうらやみ
そねむことがあっても

自分がどんなに恵まれた
境遇にあるかということには
案外気の付かないことが多い。

だからちょっとした事にも
すぐに不平が出るし
不満を持つのだが

不平や不満の心から

よい知恵も才覚も
わきそうなはずがない

そんなことから
せっかく恵まれた自分の境遇も

これを自覚しないままに
いつのまにか自分の手で
壊してしまいがちである。

恵みに対して感謝をし
その感謝の心で生き生きと
働いたのならば

次々と良い知恵も生まれて
自他ともにどんな幸せな暮らしが
できることか

思えば愚かなことである。

だが恵みを知ることは
そう容易なことではない。

古来の聖賢が、恵みを知れ
と幾万言を費やしてきても

実感としてこれを受け取る人は
どれだけあるのだろう。

頭で理解はしていても
心に直接響かないのである。

そこに人間の弱さがある。

お互いに修業をしよう。

自分は恵まれているということを
直接、自分の心に響かすために

日常の立居振舞に
今一度の反省を加えてみよう。

by 松下幸之助

”恵みを知る”

この気持ち大切ですな。

毎日、朝目覚めてご飯食べて仕事をし
夜は暖かい布団で眠ることができる。

日々、当たり前すぎて
なかなか感謝なんかできません。

けど、病気したり天災や事故にあって
初めて当たり前の幸せに気づくんでは
ないやろか?

人間やから不平や不満がでるんは
仕方のないことやけど

人間やから不平や不満があるならば
思考や価値観を変えたり
今ある環境を変え

不平や不満が無いように
できるんとちゃうやろか?

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA