【超重要】『ダルマさんは』商売知らず

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!おいでやマスター澤井です。

昨日の続きです。→辛抱よりは”見切り千両”

本日の記事は、これから起業しする。

もしくはすでに起業して
何らかの商売をしている方にとって
非常に重要なお話です。

このマインドを持っているか
いないかで今後、あなたの人生に

雲泥の差ができるといっても
過言ではありません。

『今日初めてこの記事見たで!』

って場合は昨日の記事を確認後
続けて読んでいただきたいです。

そして

『昨日の記事を読んで続き楽しみにしてたで!』

ってあなたも上記リンクを
クリックすれば確認できますんで
是非、おさらいしてから続き読んでくださいね。

・・・。

・・・。

おさらいできましたね。^^

ではまいります。

ーーー以下記事ーーー

『ダルマさんは』商売知らず

日本人の場合は大変なことになる。

『せっかくここまでやってきたんやから
 もうひと踏ん張りせなアカン・・・。』

『今ここでやめたら3か月の苦労が水の泡になる』

と、未練タップリで
生半可に迷いながら商売を続ける。

そして

結局、深みにはまり
再起不能のダメージを受けてしまう。

『桃栗3年、柿8年』

とか

『ダルマさんは面壁9年』

とか

『石の上にも3年』

などと言って

日本人は辛抱強く
努力を続けることが
成功のための最大の要因である

と思い込んでいるが

これではユダヤ商法に
太刀打ちすべくもない。

2千年におよぶ迫害に
耐え続けてきたユダヤ人は

すぐに腹を切って
死にたがる日本人より
よほど辛抱強い民族である。

そのユダヤ人が
3か月しか待たないのだ。

『見切り千両』-これを忘れてはいけない。

by 藤田田

ーーー以上ーーー

オイラも、もっと早くに
このマインドを持っていれば
あんなに苦しまなくて済んだのに・・・。

という自分自身の実体験があるから
本日の記事は非常に大切です。

っと冒頭で申し上げたんすよ。

ビジネスにおいて

日本人特有の精神論や根性論
そして、古くから言い伝えられている
ことわざを信じて我慢する

などという行為は
絶対にしてはいけません

あなたがすでにお金持ちあれば
全然かまいませんが

少ない資金で起業する。
もしくは起業しているんであれば

ダメやった時の被害を最小限に食い止めて
新たにチャレンジできるという
余力を残しておく必要があるからです。

商売って10個くらいやって
1個当たれば良いと言われています。

なので

『今までずっとやってきたからこれしかない』

とか

『これに人生すべてをかけるんだ!』

みたいなことは思わないでください。

まずはマインドをしっかり持つこと。

だって、こんな不景気と言われている時代でも
グングン業績を伸ばしている企業や
個人事業主ってゴロゴロいてはるんやから

ナンボでもお金儲けのネタは
転がっているバズですよね。

辛抱よりは”見切り千両”

これ忘れないでくださいね!

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA