ターゲットを絞ってレターを書くことの重要性

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!おいでやマスター澤井です。

あなたはどのような目的があって
ブログを書いておられますか?

ただの日記や独り言?

もしくは

自分の仕事に役立てるために
リストを取得して商売に役立てるため?

もし後者のほうであれば

”ターゲットを絞って記事(レター)を書く”

ってのがめちゃ重要になりますよ。

よく記事の出だしでいきなに
ダメな方が結構おられます。

ダメな例は
こんな感じです。

みなさんこんにちは。

この”みなさん”ってのが
よくありませんな。

ここはみなさん

ではなく

”あなた”

という表現で読み手が
『私のために書いてくれているんだ!』

という風に共感を抱き
興味を持ってもらうようにしなければ

どんなけ詳し文章を書こうが

どんなけ商品の良さをアピールしようが

読み手の心には全く響きません。

ってことは商品も売れないってこと。

人が行動を起こす時ってのは
どんな時かご存知でしょうか?

それは

”感情を揺さぶられたとき”

です。

では

どのように書けば思いは伝わるのか?

それは

自分の大切な人。

恋人や妻、親や子供へ
ラブレターを送るような
気持ちで書けば伝わるのではないでしょうか?

あの人は何が欲しいんやろ?
何に不自由してるんかなぁ?
どういう表現で伝えれば喜んでくれるかな?
どういわれたら嫌な気持ちになるんかなぁ?

ラブレターって
誰でも1回くらいは
書こうって思ったことありますよねぇ。

オイラもあります。

3回くらい。

そして

その時ってめちゃめちゃ必死になって

自分のできる最大限の表現を
文章にして思いを伝えたいんで

何回も見直したり
何回も微調整したりしと
努力しますよなぁ。

これってやっぱ
ビジネスのシーンでも
非常に大切ですね。

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA