体験の上に

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!おいでやマスター澤井です。

あなたは理屈ばっかりの
口だけ番長になってませんか?

ここに水泳の名人がいるとする。

そしてこの名人から
いかにすれば水泳が上達するか
という講義をきくとする。

かりに3年間

休まず怠らず
徴に入り細にわたって
懇切丁寧に講義を受け

水泳の理を教えられ
泳ぎの心がけをきかされる。

それでめでたく卒業の
許しを得たとする。

だがはたして

それだけで実際に直ちに
泳ぎができるのであろうか?

いかに成績優秀な生徒でも

それだけですぐさま水に
放り込まれたらどうなるか?

たちまちブクブク疑いなし。

講義をきくだけでは
泳げないのである。

やはり実際に

この身体に水をつけねばならない。

そして涙のこぼれるような
不覚の水も飲まねばならない。

ときには

死ぬほどの思いも
しなければならないであろう。

そうしてこそ水に浮けるし
泳ぎも身につく。

体験の尊さはここにあるわけである。

教えの手引は

この体験の上に生かされて
はじめてその光を放つ。

単に教えを聞くだけで

何事もなしうるような錯覚を
慎みたいと思う。

by 松下幸之助

ーーーーーーーーーーーーーー

知識を得るために
学ぶことは必要です。

けど、学んだことを
なんぼ頭の中で理解していても

実行しなければ
ただの知識人になるだけで

本当に学んだことを
得とくしたとは言えませんな。

”学者になるな!学んだことは即実行!!”

勇気をもって進みましょう!^^

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA