【超危険】あなたも間違いなく騙されていますよ!

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!おいでやマスター澤井です。

『返報性の原理』って言葉
あなたはご存じですか?

ビジネスを成功させるためには
マーケティングやコピーライティング
などの勉強も必要ですが

『どうして人は物を買うのか?』

という心理学も学ぶ必要があります。

あなたはこんな経験したことありませんか?

これ実は全然、欲しくなかった。

ってか、この商品を買おうとなんか
これっぽっちも考えていなかった。

のに、なんかよくわからないうちに
気づけば購入していた。

世の中って怖いっすよ~!

あちこちに

恐ろしい罠が、いっぱいや!

この”返報性のルール”を知ることにより
そのからくりを見破るスキルを身につけると同時に
恐ろしい罠から逃れることが可能になります。

『澤井さ~んそんな言葉、なんか難しいし
 勉強するのめんどくさいから、もういいっすわ!』

って思った方は以下は読んでいただかなくても
結構です。

そのかわりに

一生騙され続ける敗者の人生を歩んで下さいね。

では、サヨウナラ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
通常、人は他人から何らかの施しをしてもらうと、
お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。

この「返報性の原理」を利用し、小さな貸しで大きな見返りを得る
商業上の手法が広く利用されている。

至近な例では、試食がある。

試食は本来は、無料で食品を提供し、その味を客が確かめ
購買に値すると判断した場合に買ってもらうプロモーション戦略のひとつであるが、

客は店員から直接食品を手渡されることによって、
その味いかんにかかわらず商品を買わなければいけないという
気持ちになることが多い。

但し、客が求めていない状況で積極的に試食や購入を促す場合は、
「返報性の原理」よりは「一貫性の原理」が強く働くことになる。

また、高額商品を勧めて断られた後に、
低額商品を勧めると客は断りにくくなる心理が生ずる。

これは、高額商品を売ることを諦めて低額商品に切り替えるという相手の譲歩に対して
こちらも譲歩しなければという心理が働く、返報性の原理による。

この心理を応用した交渉術を「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」(譲歩的依頼法)と呼ぶこともあ]。

こうした心理は、詐欺師やヤクザ、催眠商法にもしばしば利用される。

Wikipediaより

注)文中に出てくる「一貫性の原理」については自分で調べてくださいね。
  検索すれば一発ででてきますので。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで読んで下さったあなたは
向上心があり大変勉強熱心であり

俗に言われる成功者
もしくは成功者予備軍の方々っすね!

ありがとうございます。(^ε^)♪

”返報性の原理”

簡単に言えば

『恩を受ければ恩を返さなくてはいけない』
と人間だれしも思ってしまうこと。

人に親切にしてもらった場合は
絶対にお返しをしたくなりますよねぇ。

その恩にたいして、冷たい態度をとったり
裏切り行為を働くと。

アイツは

『恩を仇で返すやつだ。
 この、恩知らずが!!』

という風に罵声を浴びせられてしまいます。

この心理は日本人だけではなく
他の国の方も同じように考える
らしいのですわ。

そしてこの心理を利用して
小さな商売から政治の世界まで

”返報性の原理”

が用いられているのです。

人って恩恵を受けると
それを返すまで、何か
モヤモヤとした気持ちが残りませんか?

そして

その恩義という不快な感情を
取り除こうとするために

親切を施された相手から
何かを頼まれると

お返しにそれ以上のことを
してしまうことが多くあります。

昔からある古典的な手法なのかも
しれませんが

今思えば、オイラも店舗をしている時に

いろいろな営業が来て、あの手この手と
巧妙な手口にまんまと騙された!

って経験が多々ありましたなぁ。(;^_^A

この”返報性の原理”
自分のスキルとして身につければ

今後の人生を優位に進めて
行くことができるのではないでしょうか?

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA