ホットマーケットを見つけて稼ぐ方法とは?

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!おいでやマスター澤井です。

先日、2泊3日で家族旅行に行った時の事。

オイラは普段テレビというものを
ほとんど見ないんです。

日々の情報収集は
新聞とインターネットからですわ。

けど、せっかくの旅行なんで
『仕事の事は忘れてしまおう!』

と思い昼間はいっぱい遊んで
夜は飯を食って酒を飲んで
ゴロゴロとテレビを見たりしてました。

ちょうどロンドンオリンピックが
開催中なんでいろいろな競技を
みておったんすわ。

そこでやたらと気になりだした
事があるんです。

普通は日本人選手の競技内容や
順位、またはよくわからない審判の
ジャッジなどに目が行くと思うんすが

オイラは全く違うことが
気になって仕方ありませんでした。

それは何かと申しますと

番組の合間あいまにあるCMですわ。

何で気になったかと申しますと

頭を使わずに『ボー!』っとテレビを
見ている時に、やたらとある企業のCM
が多いことに気づきました。

そのCMで何が売られてたかと申しますと
”ランドセル”です。

CMを流しまくっている会社は
あちゃこちゃに大型ショッピングモールを
バシバシと立てているイオンっすわ。

ちょうどウチの長女が小1ですし
何で、今頃ランドセルのCMなんかな?

って思いましたが
すぐに答えはわかりましたよ!

その答えとは

お盆の帰省中におじいちゃんおばあちゃんに
孫のためにランドセルを買わそうと言う意図で
流されていると言うこと

です。

けどね

あんなけ流して
モトとれるんかなぁ?

ってのがオイラの感想なんす。

イオンってランドセルのCMも
目立ちましたが、それ以外に

・ランドセル
・4時以降のお総菜販売4時からデリカ
・朝7時からオープンの早朝販売
・158円で新発売のプレミアムビール

たった2日ほどで、しかも夜しか
テレビを見てないにもかかわらず

以上4点のCMがオイラの頭の中に
植えつけられました。

これってすごいことやと思いませんか?

いったい

これだけCM流すのにいくら位、費用がかかり
どれくらいの収益が見込めるのか?

めちゃめちゃ気になってしまいました。

規模がでかすぎで
皆目、見当もつきませんがね。^^;

このテレビCMでの広告戦略は
やはり莫大な予算が使える
大企業だけがなしえる技っす。

オイラのような個人事業者や
中小企業は別の広告戦略を
使わなければなりませんよね。

しかし今何が売れているのか?

というホットマーケットは
見つけることが可能になりますな。

それはなぜか?

大企業がバシバシ広告費を
払ってもそれ以上に利益が上がるものを
CMで流しているからです。

『澤井さ~ん、そんなことは百も承知ですわ。
 けど、我々のような個人や中小企業じゃぁ
 ホットマーケット見つけても太刀打ちできませんわ!』

と思ったあなた!!

そんなことは全くありませんよ。

では、どうやって攻めればよいのか?

それはニッチを見つけるってことです。

例えば

ランドセルで言えば

イオンはトップバリューの激安価格のモデルと
高級素材を使った高級モデルを販売してますね。

そこで

他にない特別の素材を使用し
職人が1つ1つ丁寧に手作りで仕上げた
世界にたった一つだけのモノ。

っと言う風に売り出せば
売れそうですよねぇ。

これは価格では勝負できませんが
”お客様が感じる価値”で勝負してる
ってことになります。

一般家庭では手の出ないような
価格の代物でも

お金に余裕のある世帯では
買っちゃうんですわ。

実際、商売って

お金を持ってない学生や所得が低い層を
相手にするより

お金持ちをターゲットにするほうが
数倍楽やし儲かりますもん。

ちょっと考えれば
あなたの周りにも無数に
そのような商品がありますよ!

・職人手作り包丁
・30万位するハンコセット
・ダイソン
・高級ブランド
・高級化粧品
・高級料理店
・高級自転車

などなど数えたらキリがありません。

100円の口紅を塗ってようが
1万円の口紅を塗ってようが

価値のわからん人からすれば
”どっちでも同じや”
ってことっすよね。

また別の例えでは

スマートフォンがありますよ。

こいつのCMもスゴイ!!

どのキャリアも値引合戦で
顧客の取り合いをしてるのが
わかりますな。

けど、なんぼホットマーケットや
といっても今からスマフォ開発なんかしても
99.999パーセント位勝ち目はありません。

ではどうするのか?

この場合はハードではなく
ソフトに目を向ける。

ってことです。

アイフォンケースとか保護シール
などの装飾品

もしくは

アプリの開発です。

このような感じに考えれば
お金儲けのネタって
無限にありますよね!

まぁそこから
実際に商品化して販売し
利益を上げるまでには

まだまだ山はあるんですがね。

リサーチの方法とか?
顧客の求めるモノの見つけ方とか?
どのように商品化するのか?
どのように販売するのか?

などっすかねぇ~。

なんか難しそうで
無理っぽいイメージがあるかも
しれませんが

順序に沿って
論理的に学んで
キチンと行動すれば

そんなに難しいものでも
ないんすよ!

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA