ビジネスの本質って何?

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!おいでやマスター澤井です。

あなたは

ビジネスとはなんだ!!

っと質問された場合どうお答えするでしょうか?

オイラはこう答えます。

価値と価値の交換をして
対価としてお金を頂く行為である。

あれっ?

そうっすか。

『そんなことはいちいち聞かないでも
わかってるよ。』

ってことですね。^^;

ちなみにウィキペディアでは
こんな具合に書かれてました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビジネス(英: Business)は経済行為を表す用語であり
狭義から広義まで様々な意味を持っていて
1つの日本語に置き換えて表現することはできない。

以下に、ビジネスの代表的な意味を、簡単な表現事例をとともに記す。

一件あたりの商談、商取引、売買、など(商売)を表すビジネス

例 : ビジネスが成立した。 仕事や職業、業務などを表すビジネス
例 : 私のビジネスは…… 商業活動や経済活動全般を表すビジネス
例 : 昨今のビジネスは…… ビジネス界においては……

広義のビジネスについては次のように表現することが出来る。

ビジネスとは営利や非営利を問わず
また、組織形態を問わず、その事業目的を
実現するための活動の総体をいう。

したがって、ビジネスの主体者としては
株式会社などのような営利企業だけなく

NPOなどの非営利活動法人や
住民サービス提供などを行う行政組織等を含み

個人または法人組織などの事業体が
それぞれの事業目的実現のために

人・物・金・情報などの諸資源を活用して行う活動全体を意味する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ややこしすぎる。(@Д@;

ではビジネスの本質ってのは
一体、何なのでしょいうか?

【答え】

1、見込客を費用効果的に集める。

2、その見込み客を成約に導き既存客にする。

3、その既存客にリピーターになってもらう。

この3点を継続的に行うことっすよね。

簡単に言うと

見込み客を集めて商品を買ってもらい
リピーター化させること。

ですね。

オンライン、オフラインに関係なく
どの商売でもこれが当てはまり

これが継続されている間は
利益が途切れることは絶対に
ありえないってことっす。

ーーーーーーーーーーーーーー
具体的にどのようなことを
すればよいのか?
ーーーーーーーーーーーーーー

まずは1番

こいつは

広告

テレビ・新聞・雑誌・チラシ・PPC
DM・テレマーケティング・看板

などと

SNS

ツイッター・ミクシィ・ブログ
フェイスブック

など、ありとあらゆる手段を使い
いかに費用を抑えて見込み客を集めるかが
キモですな。

『バイラル(口コミ)や紹介などが最も効果的だ!』
と言われますが、こいつは
既存客ありきのお話ですよね。

なので既存客を増やすには
見込み客を増やさなくてないけません。

2番は

コピーライティング
セールストーク
心理学

などのスキルを磨かなくては
いけませんね。

これは売上

つまり

あなたの収益に直結する
重要なスキルですね。

それらのスキルを磨き
セールスすることによって

お客様に信用していただいて
初めて商品が買ってもらえます。

で、3番

これは

・商品の品質
・サービス
・顧客満足

というのが重要になります。

あなたの商品(サービス)にたいして
お客様が

払った金額 < 満足度が上

こう思ってもらえれば
ファンになってもらえます。

でリピーターになってもらえます。

ではこの3つの中で最も難しいのは?

正解は1番です。

ほとんどの方が
集客で頭を悩まされておりますな。

そもそもこの1番の課題をクリアしなくては
次につながりませんもんねぇ。

ですんで

集客方法を学ぶことが
収益の最大化につながると
考えられますよ。

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA