安売りは、アホにまかせろ!

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~おいでやマスター澤井です。

今の世の中、デフレデフレと騒がれ
何でも値段が下がってますよねぇ。

あなたがサラリーマンなのではなく
何かしらの商売をしているのであれば
注意が必要です。

あなたの扱う商品もライバルたちの
安値競争に対抗して無茶な価格で
販売したりしてませんか?

『まさにその通りで厳しいんすよ~!』

って思ったあなた!

ちょいと言葉は悪いですが

それは

アンポンタンのとる方法っすよ!

【アンポンタンとは?】
関西地区で一部の人が使う言葉で、めちゃアホだ!の意

ちょっと考えて見て下さい。

A店が250円で売ってるから

B店は240円で売り出した。

ほんなら自分の店はもっとインパクトのある

200円で売ったろうやんけー!

これってモノを売るために
頭を使った方法と言えるでしょうか?

答えはNO~っすよね。

あなたが200円で販売するなら
さらに価格を下げてくる
アホが出てくるはずです。

ですので安値競争にはキリがないし
中小企業や個人商店はこの波に
のみ込まれてはいけません。

この競争は規模で勝負が決まります。

つまり

量販店(大企業)を敵に回すことになりますな。

石ころでオスプレイを狙い撃ちするような
原始的な作戦です。

ですので、あなたは絶対にやめたほうが
よろしいです。

では、優秀で賢いあなたはどうすればよいのか?

お客様って購入しようとしている商品(サービス)の
価値が、支払う金額よりも高いと感じた時に
購買を決定いたします。

すると、2つの方法を思いつきますよね。

①価格を安くしたり、大幅な割引をする。

②商品・サービスの価値を高める。

1番は先ほどもお話した原始的戦法っすな。

ですんで正解は2番です。

『澤井さん、その方法やったら原価が高くなって
 利益がでないのではないんすか?』

っと思ってしまうかもしれませんが
大丈夫です。

ご安心ください!

実はお客様が感じる価値って
2種類あるってことご存知ですか?

それは

絶対的な価値とお客様が感じる価値である。

この続きはメルマガ読者さんにだけ
こっそりと教えちゃいますね。

ではお楽しみに!^^

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA