日本人なら誰でもお金持ちになれます。

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!おいでやマスター澤井です。

突然ですが

学歴、人脈、コネ、資金が無くても
日本人であれば”誰にでもお金持ちになれる”
チャンスがあるってこと

あなたはご存知でしたか?

それはなぜか?

日本は資本主義の国だからです。

=======
資本主義とは?
=======

資本主義(しほんしゅぎ、英語:capitalism)とは
経済の仕組みの一種で、資本の運動が基本原理となる体制である。
「資本制」とも言う。             byウィキペディア

簡単に申しますと

自分で稼いだお金で、好きなものを買ったり
貯金したり投資したりと自由にお金を使える
経済システムってこと。

米国、欧州各国、日本など
俗に自由主義国といわれる国々で採用されています。

貧富の差が出てしまい一見不平等に思われがちですが
自分の得た所得を自由に使うことができますし

何より”行動の自由”という満足感を得れるんで
一番マシな経済システムだと考えられます。

『ふむふむ、澤井さん資本主義ってのはわかったよ!
 けどね、何でこんなに毎日毎日朝から晩まで
 馬車馬のように働いているのに生活は苦しいの?

 資本主義は自由だ!って言われてるけど
 どこぞのボンボンみたいにはなから資本なんかないし
 自分は凡人なので、お金持ちにはなられへん』

っとあなたが思っているのであれば
思考を変える必要がありますよ。

人間誰しも、オギャー!っと最初は生まれます。
生まれた瞬間に泣かなければ、逆さまにされて
お尻をペンペンされて無理やりにでも泣かされます。

で、やっとの思いで生まれてくるのですが
どこに生まれるかは自分で選べません。

資産家の家に生まれるか貧乏人の家に生まれるかは
神様しか知りませんよね。

前世での頑張りが反映されるのか
どうかは定かではありませんが

完全に運まかせです。

ではその時、運悪く超貧乏な両親のもとに
生まれてしまった場合はどうなのか?

紙おむつも高価なパンパースではなく
リーズナブルなマミーポコしか
使ってもらえなかったり

おやつも1日100円制ではなく
母親からの支給制であったり

自転車やおもちゃは誰かからの
お下がりであったり

そもそもサンタさんとお年玉の存在を
知らされてなかったり

と、かなり悲惨な幼少期を過ごさなければ
なりませんが

が、です。

はたして大人になってもこのまま
一生を貧乏なまま過ごさなくては
ならないのでしょうか?

たまたま貧乏家庭に生まれてしまったが故に

スーパーカーの助手席に美女をのせて人々の目を引いたり
タワーマンションに住んで高級なワインを飲んだり
ネタが時価のすし屋で鮨をたらふく食ったり

というバブリーな生活は一生できないのでしょうか?

いいえ、決してそんなことありませんよね。

世の中にはたくさんの成功者がおられます。

TVにバシバシ露出される有名な方から
陰でこっそりと稼ぎまくっている方まで
日本にはたくさんの”成功者”と呼ばれる
方々が存在いたします。

しかしその成功者と呼ばれる方々も
最初からお金持ちであったわけではありません。

お金持ちになれるように必死のパッチで
頑張ったからなれたんです。

けど残念ながら

誰でも必死のパッチで頑張ったらお金持ちになれるか?
と言うと、そうは問屋がおろしてくれないんですわ。

『はっ?澤井さん。頑張った人がお金持ちに
 なれるんやったら、普段から汗水たらして頑張っている
 我々もすでにお金持ちになっていてもおかしくないぞ!

 澤井さんあんた
 頑張ったらお金持ちになれる。って言ったよなぁ。

 自分の周りは皆がめちゃめちゃ頑張っているのに
 一向にお金持ちになんかなられへんぞ。

 食うてちょんの生活でいっぱいいっぱいや
 これは一体全体どういうことやねん!!』

というお怒りのメッセージが殺到しそうなので
お答えいたしますね。

実は、頑張ればお金持ちになれる方と
いくら頑張ってもお金持ちになれない
方ってのが存在するんです。

非常に辛いことですが現実です。

では何が違うのか?

それは、”頑張り方”に問題があるんです。

お金持ちになるために
”正しい方法で頑張っている”かどうか?
ということですな。

どういうことかと申しますと
冒頭で資本主義について
お話いたしました。

資本主義ってのは

自分で稼いだお金はすべて
自由に使ってもいい経済システムだ!
ってのはご理解いただけてますよね?

でここからが非常に重要なお話になってきます。

あっ、ここまでだいぶ長くなってしまいましたが
あと一息なんでトイレを我慢している場合は
先に済ませておいてくださいね。

・・・・

おかえりなさい。スッキリされましたか?

では、続き参ります。

その資本主義社会の中でお金を稼ぐには
2つの方法があるんですよ。

資本を投資して稼ぐ方法と
労働力を奉仕して稼ぐ方法です。

資本家か労働者かってことです。

資本家タイプってのは

モノを100円で仕入れて500円で売って
400円の利益を上げたり

自分の知識をコンテンツ(DVDなど)にして
販売したりしてお金を稼ぎます。

*その他いろいろ方法がありますが省きます。

労働者タイプってのは

どこかの組織に属して8時間とか10時間とか
自分の時間を奉仕して労働した分だけの賃金をもらって
お金を稼ぎます。

*こちらはこの方法しかありません。

この2つの稼ぎ方のどちらをチョイス
するかによって

お金持ちになれるのか?

はたまた

お金持ちになれないのか?

ってのが決まってしまうんですわ。

どちらの方法がよいのか?
ってのは説明なしでもわかりますよね。

資本家タイプの方法で頑張れば
自分の頑張り次第でいくらでも
サラリーを得ることができます。

そして一番の良いところは
学歴、人脈、コネ、資金なんか
無くても稼げてしまうってところなんです。

『えっ?まじっすか!
 ではどうやればいいの?』

答えは簡単ですよ。

それは知識を得ることです。

資本主義社会では
知識があればいくらでもファイナンス
できるんですわ。

学生の頃、こんな経験ありませんでしたか?

宿題見せたる、または見せてもらうかわりに
ジュース1本おごってもらう、またはおごる

これが知識を売るってことです。

知識をジュースに換えるのか
お金に換えるかの違いだけですね。

先ほど

お金持ちになるためには
正しい方法で頑張らなくてはならない。
とお伝いたしました。

確かに資本家タイプで生きていこうと思えば
辛いですし、勇気もいるし勉強もたくさんしなくてはなりません。

けどね、夢がありますわな。

人生1度きりなんで果敢にチャレンジして
理想の人生を手にいてるべきっすよね。

だって、理想を現実にできる超恵まれた
国と環境の中で生きているんですから。

人生の大半の時間を企業の為に奉仕して
やりたいことのほとんどを我慢して一生をすごすのか

自分自身を磨き成長し、自由な人生を
楽しみながら一生を過ごすのかは自分次第ですね。

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA