真のセールスとは?

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~!澤井です。

一般的に”セールス”という言葉を聞くと
なんだかよくないイメージがしませんか?

辞書で調べると

販売すること。特に外交販売。

と書いてあります。

この書いてある意味からしても
セールスのイメージって

たとえば

日曜の昼下がりにピンポーンとチャイムが鳴って
見ず知らずの誰かが、よくわからないモノを
売りつけにきたり

商店街などで、『奥さんちょっと待ってよ。』
と足止めされ無理やりモノを売りつけられる

という感じで

モノを売りつけられること=セールス

と大半の人が、セールスって悪いことなんだ
というイメージを持ってると考えます。

もちろん悪いイメージなのでセールス自体も自分では
したくないと思っている方が大半だと考えられますよね。

知らない人の家に行って、ピンポーンなんかしたくないし、
怒られたり、嫌われるのがいやだから飛び込み営業もしたくない。

ってのが、本音とちゃうやろか?

しかし、実はセールスには2つの種類があるってこと
あなたはご存知でしょうか?

上記で例えたようなセールスの方法は
プレッシャーセールスと言って、あまりよくない方法です。

なんか、欲しくもないものを無理に売りつけられてるし
お金なんか絶対に払いたくなんかないっすよねぇ。

逆にセールスする側の心境も然りですし、

オイラも商人ですが、こんな方法でモノを
売りたいとは思いませんな。

そしてもう一つのセールスの方法ってのは
コンサルティングセールスといいます。

こいつはいいっすよ!

たとえばこんな感じ。

借金に困った方が、にっちもさっちもいかなくなって
弁護士さんにこのような相談をします。

『風俗嬢のラムちゃんに惚れてしまいました。てか、はまっちゃいました。
 結婚してもらうために通いすぎて借金が300万円あります。
 今の収入では返済不可能なんすよ~。どうか助けて下さい!!』

すると、弁護士さんは

『はいはいわかりました。私に任せればオールOK!』

と言って任意整理や自己破産など
あなたにあった借金返済方法をベストチョイスしてくれます。

するとあなたは

『いやぁ~、助かりましたわ。

 本当にありがとうございました。』

と感謝の気持ちいっぱいで、
喜んで弁護士さんにお金を払います。

ラムちゃんと、どうなったのかはわかりませんが。。。

また、

子供の頃から、全身が毛深いのとペチャンコの鼻が
コンプレックスのある女性がいたとします。

『こんな私は恋なんかしてはいけないんだ。
 一生誰からも愛されることなんてできない。』

と暗い日々をすごしていたんですが、
あることがキッカケで、美容整形クリニックに行くことを決意。

そこでは先生に、やさしくその女性の悩みを聞いてもらえます。

『あなたはどのようなことを悩んでいて
 このクリニックに来られたんですか?』

女性は今まで悩んでいたことをすべて正直に告白します。

『このボーボーにはえ散らかしてどうしようもない体毛と
 シーサーよりもペチャンコのお鼻をなんとかしてほしいのです。』

とね。

すると先生は

『ワシにお任せください。あなたは生まれ変われますよ!』

と言います。

で、手術も無事成功し生まれ変わった女性は

『先生ありがとうございました。

 これからバラ色の人生が待ってるかと考えるだけで

 ワクワクしてハッピーで楽しくてたのしくてしかたありません。

 本当にありがとうございました。』

と言って喜んでお金を払います。

このようにお客さんの悩みや苦痛を取り払い
感謝してもらえるセールスの方法を
コンサルティングセールスといいます。

g0212

素晴らしいっすよね。

真のセールスとは

何かモノを売りつけるのではなく
誇りを持って本当にいい価値を提供して
お互いがハッピーになれる良い関係を構築すること

ですよね。

ではまた。^^

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA