たくさん勉強しているのに結果が出ない訳

スポンサーリンク

[`twib` not found]


まいど~!澤井です。

毎日まいにち、いろいろな本を読んだり
わからないことは即検索で調べたりして
メチャメチャ勉強しているのに

ぜんぜん結果がでない。
ひょっとして自分には才能がないのか?
そもそも、向いてないの?

まったくもって意味不明で
どうすればいいのか、皆目見当もつかん。?(ハテナ)

と、あなたがお困りであるのなら、
今回の記事は、とてもお役に立てるかもしれませんので、
このまま読み進めることをおすすめいたしますよ!^^

オイラのお師匠さんが、
スゲーいいことをおっしゃられてたので

内容をちょちょいとイジクって
パクらさせていただきました。

いや、ちゃうか!

いったん自分の中に落とし込んで、
言葉変えてるから完全に自分のもんやね。

インプットして即アウトプット、
学んだことを実践するってことですよね。

これ、あとで出てきまっせ~。^^

では、参ります。

【勉強してんのになぜ、結果がでないのか?】

これは、人の持つ性質に原因があるんですわ。

どんな性質かと申しますと、

知識を得ること=快感

得た知識を使って実践すること=不快

だ、ということ。

つまり、

何か新しい知識を吸収する作業は
どんどん自分が賢くなってるのがわかるので
とても気持ちよくて快楽を覚えるんです。

めちゃめちゃエクスタシーなので、
もっともっと学びたいと思って中毒化してしまうんです。

しかし、

いざ、そのたくさん学んで吸収した知識を
現実の自分にあてはめて実践するとなると、、、

・・・。汗

なかなか行動できない。

”産みの苦しみ”

ってやつですわな。

学んではいるけど、実践してないから
結果が出ないんですわ。

まぁ、あたり前のことですよね。

実践してへんねんから。。。

あなたは物知りおじさんになりたいの?

あなたはバリバリ結果を出す成功者になりたいの?

”フォーカスするところを間違えたらアカンで”

ということですね。

『あ、それ知ってる、知ってる。』

といって、結果が出てないってのは
非常にもったいないですもんねぇ~。

ではまた。^^

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA