夢をあたえる

スポンサーリンク

[`twib` not found]


まいど~、澤井です。

何かモノやサービスを売ることって
お客さまに夢を与えることと同等である。

ってこと、あなたはご存知でしたか?

お客さまってのは、

商品自体を”買う”という行為ってのは、
ぶっちゃけどうでもいいんすわ。

お客さまがモノを買うために、
目の前に来てくれたときの心理状態ってのは、

わくわく、どきどき、期待いっぱいで、
テンションアゲアゲMAX状態なんです。

どういうことかと申しますと、

お客さまは、そのモノ自体を手に入れた後の
自分の姿ってのを頭の中で想像しながら
お買い物を楽しんでいるんです。

オイラの商売なら、たこ焼きを買ったあとね。

宇宙一のたこ焼きを、ハフハフしながら
食べている自分の姿を想像しながらお買い物するってこと。

ってことは?

モノを売る(たこ焼き)⇒夢をあたえる。(宇宙一で超満足)

という構図が成り立つということですな。

シンプルでメチャわかりやすいですよね。

でね、モノを売る時、さらに付加価値をつけると
お客さまの期待感が、2倍にも3倍にも膨らんで、
なおよしなんですよ。

オイラのお店ではこんな感じ。

ある男の人(38歳独身サラリーマン)がテクテクと歩いてました。

クンクン、クンクン、ん?

何かいい匂いがするぞ!

このいい匂いはどっからしてきてるんやろ?

あー、わかった、あっこのたこ焼き屋や。

(ギュルル~)

やっべ、いい匂いをかいではら減ってきた。

てか、たこ焼き食いたなってきてもうた。

あっこのたこ焼きナンボすんねんやろ?

ちょっと、ナンボするか覗いたろ。

(テクテク、さりげなく近づいて値段チェック)

おっ、8個300円からか。

なかなか、安いなぁ。

よし、買ってみよう。

*この時点で、このお客さまはいい匂いをかいで
たこ焼きが食べたくなってますし、値段も手ごろなので、
購入を決断し、ギュルル~っとなった腹ペコの自分の
欲求を満たせることを期待してたこ焼きを買いにやってきます。

と、ここまでの流れは普通です。

しかし、ここからさらなる付加価値が登場するのです。

お客さま 『兄ちゃん、たこ焼き8個ちょうだい!』

オイラ  『はいよー!少々お時間よろしいでしょうか?』

お客さま 『いいよ、焼きたて食べれるから待っとくわ。

      そのかわり、メチャおいしいの焼いてや~!』

オイラ  『ガッテンだ!!』

ここで、お客さまはまずオイラの手元を見だします。

【付加価値1の提供】

g0414

おい、おい、おい、やっこさん。

そのタコ超でかくね?

*添付画像を見てもらえればおわかり頂けますが、
ウチのタコは結構デカいので、みなさんド肝を抜かれます。

なんじゃこりゃ?と一瞬目をうたがってしまいますが、
われに返って、とんでもない得をしたんだと認識し
思わず心の中でガッツポーズをしていることでしょう。

そして、クリクリとたこ焼きを焼くテクニックにうっとりしつつ
たこ焼きがいよいよ焼きあがってきました。

ここで、味付けをうかがいます。

オイラ  『味付け何にしましょ?』

お客さん 『兄ちゃんに任すわ、いっちゃん旨いやつで!』

オイラ  『おすすめは、素焼き(何もつけない)か塩味ですが、

      どちらがよろしいですか?』

お客さん 『えっ、何もつけへんのか塩味?なんで?』

オイラ  『ウチのたこ焼きは、生地自体に味がついてるし

      いいタコを使っているので、生地とタコから出る

      おいしいダシが混ざり合った素材の味を楽しむのが

      1番おすすめなんすよ!

      でね、塩をかけることによりうま味がさらに引き立つんですわ

      美味しい高級肉に岩塩をちょっとつけて食べるのと同じ感じです。

      しかも、ウチのたこ焼きって冷めてもおいしいんですよ~。』

お客さま 『なんや、メチャ旨そうやんかー。

      じゃぁ、おすすめの塩味試してみるわ、超楽しみ。^^』

【付加価値2の提供】

*この段階でお客さまの頭の中は、
今までに食べたことのない未知の味、

つまり、宇宙一のたこ焼きをハフハフしながら
満足げに食べている自分の姿ってのを想像しています。

このように付加価値を提供することによって、

わずか数分前に買いに来た時よりも
数倍期待感が高まった状態になってるってことが
おわかりいただけたと思います。

同じ300円を使っても、付加価値をつけるかつけないかで
そのモノの価値自体が相当かわってくるってことですな。

商売って価値を最高に高めて
お客さまに夢をあたえることだと言えますよね。

ではまた。^^

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA