続・敗者の特徴

スポンサーリンク

[`twib` not found]


毎度~、澤井です。

”敗者がとる12の行動”を先日投稿しました。
その行動と逆の行動をとれば成功者になれる。

ってやつです。

今日はその続編です。

あ、ちなみに前回の投稿をまだ読んでない方は
読んで下さいね。^^

⇒敗者がとる12の行動

”敗者の特徴”ってのは12個あって
その中でもオイラの感情が
激しく揺さぶられたのは7番目、

敗者は「努力」に逃げ込み「成果」にたいしてきびしくない。

という所でした。

どんな気持ちになったかと言うと、

心臓がドキドキしだすとともに
バクバクと心拍数も急上昇、

おそらく200超え!

で、全身の血の気がサーと引き、寒気を覚え
手足がガクガクと震えだし、

いままで自分の都合のいいように
自分自身でいい訳していたということに気づき、

情けないやら、恥ずかしいやら、
穴があったら入りたい。

という気分になりました。

とにかく、それくらいヤバかった!

ってことです。

今は、ことばの意味を咀嚼して、
自分が取るべき行動が明確に見えたんで、
毎日がワクワク、ドキドキ超刺激的です。

*【咀嚼】(そしゃく)
 言葉や文章などの意味・内容ををよく考えて理解すること。

敗者は「努力」に逃げ込み「成果」にたいしてきびしくない。

↑ ↑ ↑

オイラはこう解釈いたしました。

努力とは、ある目的にむかって力を尽くすことである。

では、成果とは何か?と考えました。

オイラが求める成果とは、
はっきり言って現金収入です。

もっと具体的に言えば、

自分の通帳に刻まれる預金残高を増やすことが
オイラが求める成果であります。

あらためて言語化するとイヤらしい感じがするし、
キラわれるのが嫌なので、

ほとんどの方がお腹の中では思っているが
決して口には出しませんが、

おそらく、あなたも同じなはず。^^

こんな風に考えれば、
自分の取るべき行動ってのが
自ずと見えてきますよね。

つまり、

自分が求める成果とは、
預金残高を増やすためであるので

自分は一挙一動を預金残高を増やすためだけにのみ、
フォーカスして行わなければならない。

ってこと。

故に、

全く成果に結びつかない無駄な努力をして

「自分は頑張っているんだ!」

「毎日まいにち努力すればいつかは報われる時が来る」

ってな感じで自己満足し、憶測だけで決して叶わない希望をもち
勘違いしたまま一生を貧乏人のままで終えるのが敗者である。

と考えることができますよね。

あなたが今とっている行動の先にハッキリと、
しかも明確にあなたの銀行通帳の預金残高が
増えるイメージできていますか?

g05061

あなたがもし、成果に結びつかない
無駄な努力をしているのであれば
今すぐにやめたほうがいいっすね。

ではまた。^^

[`twib` not found]


人気ブログランキングに参戦中、
応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA