澤井です。

人はみな役者、理想の人物を演じる生き物です。

しかし、、

果たしてそれが
本当の理想なの?

よくよく考えてみると、
ちょっと違うくね?

ってお話です。

こんなことカキコすると、
文句いってくる人が
いるかもしれないけど、

いつものごとく完全に
無視・スルーいたしますので
あしからず。

ではさっそく。

あなたは、何か行動を
起こす時に

ほんのわずか
たとえ1ミリでもいいから

自分のことを
良く見せようとして

偽りの自分を
演じていませんか?

わかりやすく例えると、

飲酒検問に引っかかった
ドライバーです。

警察  『ん、なんか酒臭いぞ
     お酒呑みましたか?』

運転手 『え、お酒なんか
     呑んでませんよ〜。

     運転する時に
     お酒なんか呑むわけ
     ないですやんかー』

警察  『そうなんすか?
     けど、一応念のために
     検査にご協力願えませんか?』

運転手 『いやいやおまわりさん、
     呑んでないって言ってますやん』

警察  『そんなコトわかってますって、
     けど、これ私の仕事やし、
     念のために一応、ね。』

運転手 『えぇー、けど、
     ボク急いでるんですけど。

     実は、さっき嫁さんから電話があって
     息子が高熱でうなされとる、と。

     だから、はやく帰らなアカンねん』

警察  『マジっすか、それは大変だ!

     だったら一刻もはやく検査を
     済ませてご家族の元に
     お帰りください。』

運転手  『だ か ら、、
      急いでるって
      いってるやんか』

警察   『え え か ら、、
      検査に協力せえ!
      いっとるやんか。』

運転手  『いや、おまわりさん
      実はボクね病気なんです。

      肺の。子供のころからね
      息を強くフーって吹いたら
      肺に穴が空いて死んでしまうから

      お母さんに、何があっても
      風船だけは膨らましたらアカンで
   
      と教えられてるんです。』

警察  『そんなんどーでもええから、
     はよ検査に協力せえや!』

で、その後もしばらく
すったもんだがあって、

検査後は・・・

警察  『ほら〜、結果出とるやんか。
     運転手さん、どれくらい
     呑んだの?』

運転手 『・・・。

     えぇーっと、ビールを
     軽〜くコップ
     1・2杯くらいです。。』

うっそーん、
もっと呑んでるはずやん、
みたいな。

かなり極端なたとえ
でしたが、

普段、何気ない生活の中でも
人はこれと同じような行動を
とっているのです。

少しでも自分がいい子ちゃん
に見えるように演技するのです。

無意識っぽいですが、
じつは頭のなかで瞬時に
計算しているのです。

違う例えをいうと、

友人数名と巷で話題の
スイーツを食べにいった時に

友人達が口をそろえて
おいしい〜♪

と言ってるけど、

自分的には
わーわー、ぎゃーぎゃー
騒ぐほど、たいして旨くないやん。

と思ったとしても、、

その場で自分の本音を
言ってしまうと、

・こいつ味音痴やなと思われたり
・うわぁ空気読めないやつと思われたり
・協調性のない自分勝手な人と思われたり

するのが嫌だし
いい人に見られたいから、、

本音はこうなんやけど、
こう言ったほうがよく思われるよな。

本音はこうなんやけど、
こう動いた方がよく思われるよな。

本音はこうなんやけど、
嫌われたくないからこうしとこ。

これらのように、、

心の奥底で本当は
こうやりたいな、

という素直な感情をもった
自分がいるにもかかわらず、

少しでもよく見られるために
偽りの自分を演じているんです。

しかしですよ、

自分が思うがまま
好き勝手やりたい放題で
人生を生きるんだ!

という考え方を持つ
僕からすれば、
これらの行為は

完全に自殺行為です。

自分で自分のクビを
閉めている行為である
と思うのです。

なぜなら、

人からよく思われるような
自分を創造する

本音を押し殺して
偽りの自分を演出している

格好よく見られて、
いい気分になれそうだけど、、
実はしんどいし、なんだか
パッとしないしモヤッとしている。

結果、どこにでもいる
当たり障りのない人になる

ってことは、自分以外の
誰がやっても同じだってこと

ってことは、たいした
価値を生み出すことができない

ってことは、自分自身を商品(澤井)
としてメシを食っている僕が、
それやっちゃうと、、

閉店ガラガラになってしまう
ってことなのです。

今日のお話は、

僕的にはいったて
シンプルなんですが、

人によってはかなり偏った
考え方だな、と感じたり

当然、違った考え方を
もっている方もおられるので、

それらを否定する気は
まったくありません。

また、

わかりやすく
例えたつもりですが、

僕のスキル不足で
本質をうまく
伝えきれずに、

抽象度が高いまま、
何が言いたいんだか
よくわからんわ

と感じた方も
おられると思います。

ですが、

これ以上長くカキコすると
誰も読んでくれなさそうな
気がしてきたので、、

そろそろ、まとめたい
と思います。

おっと、まとめに入った
瞬間にビジネスの話しに
急展開やで。笑

《まとめ》

皆が思ってるようなことや
自分以外の誰がやっても
同じようなことをしている間は、

大きく稼ぐことはできないし
いつライバルにお客さまを
奪われてしまうのか?

という恐怖から
逃れることはできません。

ですが、

そこから抜け出す方法
がたったひとつだけあります。

それは、

自身が唯一無二の存在、

つまり

ライバル不在の
オリジナルになる、
ってこと。

『澤井さん、

 確かにオリジナルに
 なれれば最強ですよ。

 ライバルがいない
 状態になれるのですから

 けど、、

 これといった
 取り柄のない僕には、

 かなりハードルが
 高いですね。』

と、思ったでしょ?

ですが、

以外に簡単に
オリジナルになれる
方法があるんです。

でね、

オリジナルに
なれば最強です。

どうしてかというと、

誰にも気を使うことなく
やりたい放題やりながら
生きてくことができるから。

変に格好つけたり
いい子ちゃんぶる
必要なんてまったくなし。

心の奥底にいつも隠れている
本当の自分。

つまり、

ありの〜ままの〜♪

姿の自分で生きてくことが
できるのです。

今日も最後まで読んでくれて
ありがとう。

ではまた。^^

PS
9月26日のセミナーでは、

どういう思考を持つと
ありのままの自分で
いられるようになるのか。

また、

その自分の姿(お店とかに応用可能)
をどのように表現すれば、認知してもらう
ことができるのか。
(コピーライティング)

などというお話をしたいと
考えているので、

興味がある方は
スケージュル調整を
よろしくです。

澤井です。

================
「キツい」「苦しい」「無理だ」
と負荷がかかった時が進化できる
チャンスである。

だから逃げずに立ち向かう。

自分を信じてやり続ければ
必ずのり超えられるから。
================

●ミッションステートメントとは?

自分の信念とかモットーです。

いい変えると、

『俺はこのように生きるんだ!』

といった自分の人生の憲法
のようなもの。

僕の一番好きな
”7つの習慣”という
本の中で出てくるのですが、

これを時々やることを
おススメいたしますよ。

一回で完成させるのなんて
到底不可能のなので、

僕の場合は、

自身のターニングポイント毎に
少しずつ書き溜めていってます。

で、ヤバくなった時に
こっそりと見直しています。

で、まったく自分の憲法を
守れずに法律違反ばっかしているので、

かなりヘコんだりもしますが、

何回もなんかいも
読み直すことで、

不思議と勇気がわいてくるんです。
(これを書いた時のテンションを思い出す)

だから、作ってみることを
おすすめいたします。

自分という人物はいったい
何を考えていて

どのように
生きていきたいのか?

また、

どのような
人間になりたいのか?

なんてことが言語化されて
明確になるので。

ではまた。^^

澤井です。

できることなら学校なんかに行かせたくない、
という俺流教育論のお話です。

本日のFacebookの
タイムラインは
こんな話題で持ちきりっすね。

『今日から新学期です。
 子供達は元気に
 登校していきました。』

とか、

『今日から9月です。

 今年もあと残り3ヶ月
 しかないと考えるのか

 まだ、3ヶ月もある
 と考えるのかで
 結果が違ってきます。』

しかし、この投稿は、

これらのように
誰にでも受け入れ
られるような

あたりさわりのない
記事ではないので、

友達が減ってしまうかも
しれませんが、

カキコしたいと思います。

単刀直入にいうと、、

できれば僕の子供達を
現在の日本の義務教育
の中に入れたくありません。

*最初にいっときますけど、
 あくまでも僕の主観なので、
 クレームは一切スルーします。

なぜなら、

クローン人間養成所であるからです。

ーーーーーーーーーーーーー
個性を発揮しようとすると、
ーーーーーーーーーーーーー

調和を乱す変態的な行為は
やめて下さい。

と頭ごなしに
押さえつけられるし、

ーーーーーーーーーーーー
自分が本当に
やりたいことがあっても、
ーーーーーーーーーーーー

我慢することが
大切である、

という意味不明な
忍耐論を叩き込まれたり、

または、

自身が経験した
こともない人達から、

・無謀な挑戦はやめた方がいい
・どうせ失敗するからやめとけ
・そんなことしたら周りから変に見られるよ

と、やる気がそがれたり
成長の目を摘んでしまうような

ありがたくない
アドバイスを
耳元でささやかれるからです。

まだまだカキコしたいことは
山ほどあるのですが、

このようなことを
カキコすると、、

『いやいや澤井さん。

 学校という場所は、

 勉強以外にも

 秩序やルールを
 身につける場でも
 あるのですよ。』

とおっしゃられる方が
必ずいるのですが、、

僕的には、

その当たり前とされている
”秩序とルールの存在自体”が

子供の成長の妨げに
なると考えるから、
学校に行かしたくないのです。

法律違反はアカンけど、

たった1回の自分の
人生やねんから

型にはまらんと思うがママに
生きたらええやん、

何ひと目気にしとんねん、と。

また、学校は

友達とケンカしたり
いじめたり、いじめられたり、
親友や仲間を作ったりしながら、

人として
大切な心である、

思いやりや優しさ
を養える場、
でもあるのですが、、

良いところと、悪いところを
天秤にかけると

どう考えても今の日本の
義務教育のままでは、

悪い影響を受ける率の方が
圧倒的に高いので、
学校に行かしたくないのです。

じゃぁ、具体的に
どのように悪い影響
を受けてしまうのかというと、

・他人との比較や評価することでしか、
 自分の価値や存在意義を判断できない人間になる。

・受験に必要な知識は身に付くが
 将来、大人になってから生きてく方法は
 まったく教えてくれない。(ビジネス)

・だから、他に依存することでしか
 生計を立てれない人間に育ち
 厳しい人生を歩むことになる。
 

あの、脳機能科学者の
苫米地先生なんて、

自分の子供が学校で
前へならえをさせれている
光景を見て、

学校へ行くのを
やめさせたらしいですし。

(友人から聞いた話しなので、
 本当かウソかは定かではありませんが。。)

でね、特に、、

・勉強するのが当たり前
・みんなと一緒が当たり前
・大人になったら就職するのが当たり前

これらのような
”当たり前”という
感覚に危機感を覚えるんです。

おーい。全然、
当たり前ではありませんよ、

と。

てか、今スグに気づいて
改善しないと、

日本が終わっちゃうよ、
というレベルの話しに
まで発展してしまうのです。

平成26年に、

いつの時代にできた
教育システム(義務教育)
を使ってんだ!

って話しです。

だから、

僕は子供達に

学校では教えてくれない
お金儲けの方法や、

主体的に生きるための
マインドセットを
教えようと考えています。

あと、密かに

未来を担う子供達のために
全国展開して日本をよくしたい。
というでっかい夢も持ってますが。。

ここまで読んで、

自分も子供達に
ビジネスの方法を
教えた方がよさそうだな、

と感じて下さったなら
おすすめの本があります。

超有名なので、
すでに読んだかもしれませんが、
ロバート・キヨサキさんの

”金持ち父さん貧乏父さん”

って本がおすすめですよ。

本日は3人の子供を
持つパパとして

大真面目なお話を
させて頂きました。

最後までよんでくれて
ありがとう!

ではまた。^^

PS
くどいようですが、

毎回、共感して下さる人だけに
読んでもらえればいい
と考えているので、

僕の主観で
好き勝手カキコしました。

なので、クレームはスルーしますし
教育について討論する気もありません
のであしからず。

澤井です。

あなたは、どのような意識で練習してますか?

自身の体験談です。

ここ最近、動画を撮影する場面が
チラホラと増えてきたのですが、、

僕は超苦手なんです。

なぜ苦手なのかというと、

普段、関西弁を
使っているのですが、

丁寧なよそ行きさん語で
トークをはじめたとたん、、

早口になって舌が
回らなくなって

カミカミ状態に
なってしまうのです。

いざ、動画を撮ろうと
パソコンの前に座り

録画開始ボタンを
ポチッと押した瞬間に、、

噛んだらどうしよう
噛んだらどうしよう
噛んだらどうしよう

というマイナスの感情が
頭の中を駆け巡り、

イメージ通りの結果、

つまり、開始2秒で
噛んでしまって、

『チッくそ! 

 ほら、やっぱ噛んだやんか、

 またやり直しや。』

ってな行動を何回も
くり返してしまうのです。

で、その失敗の不安を
取り払うために

オウムのように
何回も何回も練習
したりして。。

しかし、

先日、僕の数少ない
友人のひとりに、、

厳しい言葉を
投げかけられました。

『澤井さん、

 最初から失敗すること
 前提で練習しても
 まったく意味ないっすよ。

 1発で決めるくらいの
 目的意識と覚悟を
 もってやらないと

 いくら練習しても、
 その行為は、

 ただの時間のムダっすよ。』

カチーンときましたね。

たくさん練習する
ことの何が悪いねん!

本番で失敗しないように
たくさん練習する行為の
どこがアカンねん!

野球の素振りだって、
100回やるより
1000回やった方が効果的やんか!

他にもいろいろと
アドバイスをくれたんすが、

その日はカッカしたまま
床に就きました。

で、翌日です。

例の動画撮影を
はじめたのですが、

昨日までの苦労が
ウソのように

すんなりと撮影することが
できたんです。

NGを1回出しましたが、

僕の中ではNGがたった1回
なんて奇跡に近い数字です。

その時、

ハッとしました。

なぜなら、

昨日の友人の言葉を
思い出して、

1発で決めてやるぞ!

と意識して動画撮影を
開始していたのです。

いつものように、

噛んだらどうしよう。

などというマイナスな
イメージはまったくなく、

こんな簡単な動画撮影くらい
3分以内でチャッチャと
すませてやるぜ!

と、1発で決めている自分像を
イメージしながら
動画撮影を開始したんです。

はは〜ん、

彼が伝えたかったことって
こういうことだったのか。

と理解すると同時に
感謝の気持がこみ上げて
きたので、

即効でお礼のメッセージを
送りました。

と、ここまでが体験談です。

で、急展開ですが
内容をまとめると、、

練習する時は、
イメージを大切にすること。

よく、「量」より「質」
なんて言葉を耳にしますが

それを大前提にふまえた上で、、

成功できている自分像を
意識しながら行動(練習)
することで、

効果が倍増するんだ、
ということを身をもって
体感しました。

言葉を変えると、、

本番で失敗してしまう
不安を取り払くことを
目的として練習するのではなく、

俺はできるんだ!と
自分を信じて

できている自分像を
イメージしながら
練習するとこが大切なのです。

さらに、いい変えると、、、

セルフイメージを
高くもって練習に励むべし
ってことですな。

人生って一生勉強ですよね。

万物に感謝っす!^^

澤井です。

*人それぞれ成功の定義は違いますが
 「成功したい人」だけ読んで下さい。

あなたにとっての成功とは
どのような状態のことでしょうか?

僕にとっての成功した状態とは、

今この瞬間にすべての収入源と
貯金(ゼロですが。。)が
すべて無くなって、

スッカラカンの
無一文になったとしても。。

紙とペン1本(パソコンもあれば最高)
あれば、1ヶ月以内に現金を30万円
稼ぎ出せる力を手に入れることです。

で、そのスキルを完全にマスターした
後は、他力(人、サイト、動画、仕組みなど)
を使ってオーナーになることです。

イメージ的には、

一匹狼でメシが食えるようになって
経済的不安から一生解放される
安心感を手に入れ、

オーナーとなり精神面、金銭面的に
1ミリも不安を感じることなく、

誰にも邪魔されずに
好きなことを好きな時間に
できる人生を手に入れたい!

『澤井さん、あんたアホか。

 そんな夢みたいなこと
 いったらアカンで。

 もっと、現実を見なはれ、

 そのような人生を手に入れる
 ことが許されるのは、、

 ごく一部の神様から
 選ばれたラッキーな
 人だけやから。

 あきらめた方がええよ。

 どうせ叶わんし。』

今、あなたが
このように思ったのなら、
ここでお別れ、バイバイです。

続きは読まないで下さい。

なぜなら、

僕とは価値観や感性が
絶対に合わない、

水と油のような関係なので、
一緒にいるだけ時間のムダ、
だからです。

しかし、、

『澤井さんって変態チックだけど、

 なんだか気になるし、

 見てるとオモローだから、

 もうちょっと詳しく知りたいな』

と思って下さったのなら、
うってつけのアイテムがあるので
是非活用して下さいね。

僕の価値観や感性を理解しただけます。

コチラ⇒http://bit.ly/1p6f8Vt

では、続きおば。

ぶっちゃけ、僕自身は
まだまだ半人前のアマちゃんです。

僕が理想とする世界からは
とーく離れた下のほうの住人です。

ですが、、

少しずつ進んでいます。

サラリーマンのような
決まったレールなんてないので、

懐中電灯の明かりをたよりに
見える部分だけを少しずつ
進んでいます。

草がボーボに生い茂った
ジャングルを

手斧一本持って
伐採しながら

人ひとりがギリギリ通れる
くらいのケモノ道を作りながら
少しずつ進んでます。

だから、

約束されたゴールなんて
見えないので不安でいっぱいです。

まわりからは
変人あつかいされるので
時々、心が折れそうになります。

けど、、

そんな時は、
仲間が僕を助けてくれます。

といっても、

やさしい声をかけるのではなく
傷口に塩をぬってさらに
太ももをローキックする。

というような
荒療治ですが。。

まぁ、僕は生粋のどMなので
うれしいかぎりの環境では
ありますがね。

で、前置きが長くなりましたが、
何が言いたいのかと申しますと、

成功するためには近道や
秘密のワープゾーンなんてないし

選ばれた者だけが知っている
魔法なんてモノものもないんだ。

ってことがいいたかったのです。

毎日、ためになりそうな文章
をカキコしている僕自身も
正直必死のパッチです。

日本語的に
きれいな文章じゃないけど、

これまでに学んだことや
よかれと思うことを

何としてでも伝えたくて
脳ミソに汗かきながら
パチパチとタイピングしてます。

ですが、

自分でも理由はわかりませんが
根拠のない自信はあるんです。

俺、バリバリ成功確定!

みたいな。

と、意味不明な感じに
なってきたので今日は
ここまでにしたいと思います。

ではまた。

PS
もし、あなたがこの投稿を
読んで共感して下さったのなら、、

しばらくの間、
僕の動向を追っかけて下さい。

僕が成功するためにおこなう行動や
考え方などをすべてアウトプット
していきますので。

保証はありませんが、

少しでもプラスになる
いい影響を与えることが
できればいいな、と考えてます。