毎度~!おいでやマスター澤井です。

昔は、いわゆる止めを刺すのに
一つの厳しい心得と作法があったらしい。

だから武士たちは
もう一息というところを
いいかげんにし

心をゆるめ、止めを刺すのを怠って
その作法にのっとらないことを
たいへんな恥とした。

ものごとをしっかりとたしかめ
最後の最後まで見極めて
キチンと徹底した処理をすること

それが昔の武士たちの
いちばん大事な心がけと
されたのである。

その心がけは
小さい頃から
日常茶飯事

箸の上げ下げ
あいさつ1つに至るまで

厳しくしつけられ
養われていったのである。

こんな心がけから
今日のお互いの働きを
振り返ってみたら

止めを刺さないあいまいな仕事の
しぶりの何と多いことか。

せっかくの99%の貴重な成果も
残りの1%の止めがしっかりと
刺されていなかったら

それは始めから無きに等しい。

もうちょっと念をいれておいたら
もう少しの心配りがあったなら・・・。

あとから後悔することばかりである。

おたがいに

昔の武士が深く恥じたように
止めを刺さない仕事ぶりを

大いに恥とするきびしい心がけを
持ちたいものである。

by 松下幸之助

ーーーーーーーーーーーーー

”止めを刺す”

この行為を怠ると
武士の世界では命を落てしまいます。

これはビジネスの世界でも同じですね。

長い時間をかけて
進めてきたプロジェクトでも

最後の最後で気を抜いてしまえば
すべてパー!

ライバルに持っていかれちゃいますよね。

仕事中はいついかなる時も
真剣勝負です。

オイラはよく見かけるんすが

営業の車の運転中に
マンガを読みながら運転する
サラリーマン

電車などの移動中に
携帯でゲームをしてる
サラリーマン

これ、論外っすよね。

仕事をなめきってますな。

最近、なんか意味不明な方が
増えてきておりますが

『武士の道』

忘れてはあきませんね。

毎度~!おいでやマスター澤井です。

どんな仕事でも
仕事をやるからには
判断が先立つ。

判断を誤れば

せっかくの労も
実を結ばないことになるだろう。

しかし

お互いに神様ではないのだから
先の先まで見通して
すみからすみまで見極めて

万が一にも誤りのない
100%正しい判断なんて
まずできるものではない。

できればそれに越したことはないけれど
100%は望めない。

それは神様だけが
成し得ること。

お互い人間としては
せいぜいが60%というところだろう。

60%の見通しと確信ができたのならば
その判断はおおむね妥当とみるべきであろう。

そのあとは

勇気である。

実行力である。

いかに最適な判断をしても
それをなしとげる勇気と
実行力がなかったなら

その判断は何の意味も持たない。

勇気と実行力とが
60%の判断で

100%の確実な成果を
生み出してゆくのである。

60%でもよいから

お互いに
謙虚に真剣に判断し

それを100%にする

果断な勇気と実行力とを
持ち続けてゆきたいものである。

by 松下幸之助

ーーーーーーーーーーー

常に進化し続ける人間と
全く何も変わらない人間の
決定的な違いはたった1つだけ。

それは

勇気をもって
行動するかしないかってこと

です。

セミナーなどに参加して
すごく良い話を聞いた!!

と感銘を受けて
家路についたとしても

実際にそのセミナーで
学んだことを実行するのは

2パーセント以下だと
言われております。

できない理由を考える前に
行動せんかい!!


自分への戒めも込めて
今日はこの言葉で閉めさせていただきます。

毎度~!おいでやマスター澤井です。

あなたは理屈ばっかりの
口だけ番長になってませんか?

ここに水泳の名人がいるとする。

そしてこの名人から
いかにすれば水泳が上達するか
という講義をきくとする。

かりに3年間

休まず怠らず
徴に入り細にわたって
懇切丁寧に講義を受け

水泳の理を教えられ
泳ぎの心がけをきかされる。

それでめでたく卒業の
許しを得たとする。

だがはたして

それだけで実際に直ちに
泳ぎができるのであろうか?

いかに成績優秀な生徒でも

それだけですぐさま水に
放り込まれたらどうなるか?

たちまちブクブク疑いなし。

講義をきくだけでは
泳げないのである。

やはり実際に

この身体に水をつけねばならない。

そして涙のこぼれるような
不覚の水も飲まねばならない。

ときには

死ぬほどの思いも
しなければならないであろう。

そうしてこそ水に浮けるし
泳ぎも身につく。

体験の尊さはここにあるわけである。

教えの手引は

この体験の上に生かされて
はじめてその光を放つ。

単に教えを聞くだけで

何事もなしうるような錯覚を
慎みたいと思う。

by 松下幸之助

ーーーーーーーーーーーーーー

知識を得るために
学ぶことは必要です。

けど、学んだことを
なんぼ頭の中で理解していても

実行しなければ
ただの知識人になるだけで

本当に学んだことを
得とくしたとは言えませんな。

”学者になるな!学んだことは即実行!!”

勇気をもって進みましょう!^^

毎度~!おいでやマスター澤井です。

オイラは最近どんなことにも
『ありがとう』と感謝するように
心がけております。

お師匠様のお言葉です。

人間と言うものは
誠に勝手なもので

他人をうらやみ
そねむことがあっても

自分がどんなに恵まれた
境遇にあるかということには
案外気の付かないことが多い。

だからちょっとした事にも
すぐに不平が出るし
不満を持つのだが

不平や不満の心から

よい知恵も才覚も
わきそうなはずがない

そんなことから
せっかく恵まれた自分の境遇も

これを自覚しないままに
いつのまにか自分の手で
壊してしまいがちである。

恵みに対して感謝をし
その感謝の心で生き生きと
働いたのならば

次々と良い知恵も生まれて
自他ともにどんな幸せな暮らしが
できることか

思えば愚かなことである。

だが恵みを知ることは
そう容易なことではない。

古来の聖賢が、恵みを知れ
と幾万言を費やしてきても

実感としてこれを受け取る人は
どれだけあるのだろう。

頭で理解はしていても
心に直接響かないのである。

そこに人間の弱さがある。

お互いに修業をしよう。

自分は恵まれているということを
直接、自分の心に響かすために

日常の立居振舞に
今一度の反省を加えてみよう。

by 松下幸之助

”恵みを知る”

この気持ち大切ですな。

毎日、朝目覚めてご飯食べて仕事をし
夜は暖かい布団で眠ることができる。

日々、当たり前すぎて
なかなか感謝なんかできません。

けど、病気したり天災や事故にあって
初めて当たり前の幸せに気づくんでは
ないやろか?

人間やから不平や不満がでるんは
仕方のないことやけど

人間やから不平や不満があるならば
思考や価値観を変えたり
今ある環境を変え

不平や不満が無いように
できるんとちゃうやろか?

毎度~!おいでやマスター澤井です。

オイラのお師匠様の
格好いいエピソードのお話です。

ある日、船を下りて波止場を歩いていたら
いきなり大男にぶつかられて
海に転落してしまいました。

一緒にいた秘書が

『社長大丈夫ですか?私が文句を言ってきますよ!』

と言ったんですが

その時、幸之助さんは
何と言ったと思いますか?

一般ピープルやったら
海に突き飛ばされてんから

『ぶざけんな!アホ・ボケ・カスー!!』

っと思い、追っかけてとっ捕まえて
クリーニング代を請求してもおかしくありませんな。

しかし、幸之助さんは
そこで一言いいました。

『あぁ~、夏で良かった!』

そして文句を言いに行こうと
怒り爆発の秘書に向かって

『この馬鹿者!今から文句を言ったからと言って
 私は海に落ちないですんだのか?

 海に落ちないで済むなら
 いくらでも文句を言いに行く。

 だが

 そんなことはありえない。

 今さら文句を言ったところで
 私が海に落ちたという事実は
 何も変わらないじゃないか!

 さあ、先を急ぐぞ!!』

そういった後

ぬれたスーツを手で払いながら
さっと歩き出しました。

っとさ。チャンチャン音譜

どうっすか?

格好いいっすなぁ~!

過ぎ去ってしまった
事実を変えられない過去のことを
グチグチ言っても

もとに戻すことはできないし
意味がないので時間の無駄。

それよりも

即座に頭を切り替えて
未来に進むべし

うん。

常にこの思考が大切ですね。

毎度~!おいでやマスター澤井です。

志を立てよう。

本気になって
真剣に志を立てよう。

命を懸けるほどの思いで
志を立てよう。

志を立てれば

事はもはや半ばは
達せられたといってよい。

志を立てるのに
老いも若きもない。

そして志あるところ
老いも若きも道は
必ず開けるのである。

今までのさまざまの
道程において

いくたびか志を立て

いくたびか道を見失い

また挫折したこともあったであろう。

しかし道がない
道が開けぬというのは

その志になお弱きものが
あったからではなかろうか。

つまり

何かことをなしたいという
その思いに

今一つ欠けるところが
あったからではなかろうか。

過ぎ去ったことは
もはや言うまい。

かえらぬ月日に
グチはもらすまい。

そして

今まで他に頼り
他をあてにする心が
あったとしたならば

いさぎよく
これを払拭しよう。

大事なことは

みずからの志である。

みずからの態度である。

千万人といえども
我ゆかんの烈々たる勇気である。

実行力である。

志を立てよう。

自分のためにも
他人のためにも

そしておたがいの国

日本のためにも。

松下 幸之助

ーーーーーーーーーー

強い気持ちで
志を立て

勇気をもって
行動しなくては

なにも始まりませんな。

LET’S BIGIN!!

毎度~!おいでやマスター澤井です。

雨が降れば傘をさす。

傘がなければ風呂敷でもかぶる。

それもなければぬれるしか仕方ない。

雨の日に傘がないのは
天気の時に油断して
その用意をしなかったからだ。

雨に濡れて
初めて傘の必要を知る。

そして次の雨には
ぬれないように考える。

雨が上がれば
何をおいても
傘の用意をしようと決意する。

これもやはり
人生の1つの教えである。

わかりきったことながら
世の中にはそして人生には

晴れの日もあれば
雨の日もある。

好調の時もあれば
不調の時もある。

にもかかわらず

晴れの日が少し続くと
つい雨の日を忘れがちになる。

好調の波が続くと
つい行き過ぎる。
油断する。

これも

人間の1つの姿であろうか?

このことを戒めて昔の人は
『治にいて乱を忘れず』
と教えた。

仕事にしても何にしても
この道理はやはり1つである。

雨が降れば傘をさそう。

傘がなければ
一度ぬれるのも仕方がない。

ただ

雨が上がるのを待って
二度と再び雨にぬれない
用意だけは心がけたい。

雨の傘

仕事の傘

人生の傘

いずれのにしても
傘は大事なものである。

ーーー松下 幸之助ーーー

雨の傘、仕事の傘、人生の傘

ホンマその通りっすね。

特にビジネスにおいては
大切やと思います。

ある事業に成功し
波に乗り出したとき

できる経営者というものは
その成功に浮かれるのではなく

いつ降り出すかわからない
雨を想定し

次の事業

そしてまた次に

ってな具合に

いつ雨が降ってもいいようにと
たくさんの傘を用意しておける
スキルが必要やと考えます。

PS
家にあるいらないものをお金に換える方法があります。
ガラクタが片付きお小遣いまでもゲットできちゃいますよ!

無料で試す。

毎度~!おいでやマスター澤井です。

自分の身なりを正すためには
人はまず鏡の前に立つ。

鏡は正直である。

ありのままの姿を
ありのままにそこに映し出す。

自分のネクタイは曲がっていないと
頑固に言い張る人でも

鏡の前に立てば、その曲直は
一目りょうぜんである。

だから人は

その誤ちをみとめ
これを直す。

身なりは鏡で正せるとしても
心の歪みまでも映し出しはしない。

だから人はとかく

自分の考えやふるまいの誤りが
自覚しにくい。

心の鏡がないのだから
ムリもないといえばそれまでだが

けれど求める心
謙虚な心さえあれば

心の鏡は随所にある。

自分の周囲にある物、いる人

これすべて

わが心の反映である。

わが心の鏡である。

すべての物がわが心を映し
すべての人がわが心に
つながっているのである。

古の聖賢は
『まず自分の目から梁を取り除けよ』
と教えた。

もう少し周囲をよく見たい。

もう少し周囲の人の声に耳を傾けたい。

この謙虚な心、素直な心があれば
人も物もみな、わが心の鏡として

自分の考え
自分の振る舞いの正邪が

そこにありのままに
映し出されてくるであろう。

松下 幸之助

ーーーーーーーーーーーーーーー

『心の鏡』

この意味は深いっすよね。

外観は着る物や身に着けるもの
また、化粧などで作り出すことが
簡単にできますが

内面って言うものは
常に意識しておかなければ
磨かれていかないっすもんね。

『類は友を呼ぶ』

ってことわざがありますが
だいたいの人は自分に似通った
ステータスの人と付き合っています。

しかし自己成長のためには

今後、付き合っていく人を選ぶことも
必要になってくるんではないでしょうか?

毎度~!おいでやマスター澤井です。

昨日の自分より今日の自分
今日の自分より明日の自分

あなたは日々進化することを
心がけておられますか?

お師匠様のお言葉っす。

とにかく考えてみること
工夫してみること
そしてやってみること。

失敗すればやりなおせばいい。

やりなおしてもダメなら
もう一度工夫し
もう一度やり直せばいい。

同じことを同じままに
いくら繰り返しても
そこには何の進歩もない。

先例において
おとなしく従うのもいいが

先例を破る新しい方法を
工夫することのほうが大切である。

やってみれば
そこに新しい工夫の道もつく。

失敗することを恐れるよりも
生活に工夫のないことを恐れたほうがいい。

われわれの祖先が
1つ1つ工夫を重ねてくれたおかげで
われわれの今日の生活が生まれた。

何気なしに見逃している暮らしの断片にも
尊い工夫の跡がある。

茶碗一つ
ペン一本でも

これをつくづくと眺めてみれば
何と言う素晴らしい工夫であろう。

まさに無から有を生み出すほどの創造である。

おたがいにもう一度考え直そう。

昨日と同じことを
今日は繰り返すまい。

どんな小さなことでもいい。
どんなわずかなことでもいい。

昨日と同じことを
今日は繰り返すまい。

多くの人々の
このわずかな工夫の累積が

大きな繁栄を生み出すのである。

松下 幸之助

ーーー以上ーーー

『昨日と同じことを
 今日は繰り返すまい。』

か~。

深い言葉っすねぇ~。

1日に与えられた24時間は皆同じ。

日々、創意工夫をすることを忘れずに
無駄にすごしてはいけませんな!