Q.これでもか!というくらい
 財布からお金をバンバン抜きとる
 最強のビジネスモデルとは?

A.楽天市場

ボクは以前、リアル店舗を
経営するかたわら

楽天市場にも
お店を構えていました。
(冷凍たこ焼き、お好み、焼きそば)

ちなみに、Amazon、AUショッピングモール
ヤマダモール、自社サイトでも売っていました。

で、当時はただただ、

・売上をあげたい
・お店をデカくしたい
・時代の波(IT革命)に乗りたい

これらの欲求を
満たしたがために、

無我夢中でいろんなことに
チャレンジしていました。

その頃の大量失敗のおかげで
今の自分があるのですが、

マーケティングの
マの字も知らない

リテラシーは
赤ちゃんレベル以下の

業者からすれば
ホイホイお金を払う
うってつけの「金ヅル」でした。

『ネット通販の大手である
 楽天市場に出店すれば
 大儲けできるぞ!

 そして、ランキングで
 1位になって有名に
 なるんだ

 オォー、なんという
 すんばらしいアイデアだ
 神降臨、自分最高天才!

 グフェッフェ、
 おれ様がたこ焼き界を
 牛耳ってやるぜ!』

このような甘っちょろい
おバカな期待を胸にいだき

ボクは楽天市場の
鬼の錬金術にどっぷりと
はまってしまうのでした。

つづく。

『おい、ここで終わりかよ!』

と、思ったあなたの
ためにどーぞ続きです。笑

といっても
ストーリー調で
お話ししだすと

ハリポッターの書籍ほどの
ボリュームになってしまうので

なぜ、楽天市場の
ビジネスモデルが
最強なのか?

ってことだけを
カキコいたします。

まず、楽天市場に
出店するためには

初期登録費を含め
約30万ほどかかります。

で、次年度からは、
出店料が年間24万円ほどです。
(その他プランもあります)

仮にリアル店舗の場合だと
家賃、光熱費だけでも
年間約240万ほどかかります。
(ボクがやってたお店の場合)

これだけで、考えると
楽天は月々、2万ほどで
お店が出せるので

かなりリーズナブルに
感じますが、そうは
問屋が卸してくれません。

契約書にハンコを押せば
すぐにオープンできると
思っていたのですが、

知らないことだらけで
問題が山積みでした。

まず、スタートダッシュ
セミナーみたいなのに
参加したのですが

完全に訳わかめの
チンプンカンプン
状態でした。

なぜなら、HTMLという
言葉すら聞いたことが
なかったし

システムにログインして
自分でお店を
作らなきゃいけない

なんて思って
なかったからです。

説明してくれるお姉さんを
イラッとさせるくらい

HTMLって言葉の意味を
理解するのに時間が
かかりました。

えっ、えっ、

ってなになに?

全然わっからへ〜ん。
延々こんな感じでした。

で、先ほどリテラシーが低い
とカキコしましたが、

IT革命のITの部分を
インフォメーション
テクノロジーではなく、

”インターネットの略”
だとマジに思っていた
くらいですから。

何が時代の波に乗りたい!
やねん。アホですわ。(苦笑)

まぁ、死活問題なので
必死に勉強して
無事にオープンに
こぎつけたのですが、、

とにかく、お店自体の
クオリティーが
とても低いんです。

これじゃ誰も買わんやろー、
まったく売れる気がしない。

商品をクリックすると
しょぼい画像と値段が
カキコしてあるだけ。

他のお店は、シズル感
たっぷりの画像や、

ワイワイガヤガヤ
楽しそうな画像を使った

魅力的なセールスページを
使って販売していました。

・累計2万食突破!
・楽天ランキング5週連続1位
・驚異のリピート率90%

などなど、

マイクタイソンと
のび太がガチンコ勝負を
するくらいの

圧倒的な力の差を
まざまざと見せつけ
られました。

スッゲーなぁ、あんなん、
どうやったらできるんやろ?

到底太刀打ちできない
オレには無理な
世界なのかもしれない。

と、落ち込んだ
ボクに一筋の光が…

何やら、ボクのような
ど素人のために
楽天大学ってのがあるらしい。

その学校には入れば、
イメージしているような

理想的なお店を
作れるようになる。

とのこと。

しかし、

===========
スキルアップのために
自己投資する。
===========

という一匹狼として
生きていくには

ベリーインポータントな
マインドセットを

当時は持ち合わせて
いませんでした。

だから、高っ!
(確か15万くらい)
ボッタクリやん。

しかも、神戸まで何回も
通わなあかんのかい!

そんなお金もないし
仕事いそがしいし
時間もないから無理ムリ、

と思い独学で頑張ることに
したのです。

で、眠い目をこすりながら
画像加工の方法、構成
などを覚え数日かかって

素人感丸出しだけど
小マシなセールスページ
を作ることができました。

やっとできた!
これで少しは売れるやろ。

心地いい疲労感に
包まれながら、

ワクワク、ドキドキ
自作セールスページの
処女作をアップしたのですが、、

おいおい、うんともすんとも
言わへんやんかー!
どないなっとんや?

と思った矢先に
ドンピシャのタイミングで
担当者からの電話が。

『澤井さん、
 広告出しませんか?

 売上を上げている
 店舗さんはみんな
 出してますよ。

 しかも、今ちょうど
 人気があってお得な枠が
 空いてるんです。

 ぜひ、澤井さんに使って
 欲しいと思い

 特別に枠をおさえて
 いるんですが、
 どうされますか?

 入稿の期限がありますし
 人気の枠をこっそりと
 おさえている状態ですので

 2日以内にお返事
 いただけませんか?』

たしか、1週間で5万か7万くらいの
小さな広告枠でしたが、

・みんなやっている
・人気があってお得な枠
・特別におさえてくれている

という言葉に心を
動かされたし、

そもそも、

”営業される”こと自体に
免疫力がなかったために

素直に信じて
使ってみることにしたのです。

すると、、

ちょこっとだけ、
反応がありました。

売上は覚えていませんが
広告費をペイできない
レベルの売上でした。

けど、

ポツポツと【注文確定】
の件名で届くメールを
見るたびに飛び上がりました。

よしよし、やったぞ
売れたやんか!
と素直に喜びました。

3分に1回のペースで
メールボックスを
確認していました。

ですが、喜びも
束の間でした。

広告終了と同時に
受注もパッタリと
止まってしまったのです。

で、またまた
担当者からの悪魔のささやきが・・・

『澤井さん、
 次は前回よりもいい場所に
 広告を出しませんか?

 そこも人気の
 枠なのですが、

 特別におさえる
 こともできますよ!』

はい、キタ、きましたね。

前回の経験を思い出し
ピーンときましたね。

あなたオレに広告を
売りつけてるやろ
誰が2回も騙されるか!

と心の中で思いました。

けど、

『澤井さん、
 カニ部門でランキング
 1位のお店って

 広告費、いくらかけてるか
 知ってますか?

 シーズン前の
 8月あたりから

 約2億円ほど
 かけているんですよ。

 で、一気に4億円ほど
 売り上げるんですわ〜。

 まぁ、どの店舗さんも
 最初は広告使っても

 トントン、もしくは
 マイナスです。

 けどね、長い目で
 みてください。

 新規獲得にはお金が
 ある程度かかります。

 ですが、澤井さんの
 お店のおいしさを

 知ってもらえれば
 どうなると思います?

 確実にリピートして
 くれますよねぇ?

 当然、自信あるでしょ?』

ってな、営業トークを
聞かされたボクは。

チーン。

速攻でお財布のヒモを
緩めたのでした。

しかも、2回、3回と
続けていくうちに

最初は7万円でも高いと
感じていたのが、

いつしか金銭感覚が
麻痺して借金してまで、

バンバン広告
を打つようになってました。

ここで、やっとこさ
楽天市場の錬金術の
お話です。

ここまで読んでくれた
あなたはお気づき
かと思いますが、

楽天市場はただ
出店しただけでは
売上は上がりません。

だから、

初期費用や年間の利用料
意外にも広告費がかかります。

しかも、

そうして得た売上から
いろいろな理由をつけて
小銭をピンハネしているのです。

どのようなものかというと

・システム利用料 3.5~6.5%
・モバイル対応システム利用料 4.0~7.0%
・楽天スーパーポイント
 (楽天会員が購入した代金の1%)
・楽天スーパーアフィリエイト
 (アフィリエイター経由で売れた場合1.3%〜)
・カード決済利用料
 (月額3000円➕2.65〜➕処理料)
・楽天マルチ決済サービス 2.65%〜
・楽天バンク決済 1件155円〜

このように、なんやかんや
チマチマと課金されるのです。

カード決済利用料など
売上が少ない店舗さんは
痛いですよ。

その月に1回でもカード決済
があれば自動的に3000円プラス
ロイヤリティも課金されるんですから。

ほとんどのお客さんが、
楽天カードを使うので
カード決済システムは
必須ですしね。

これらのように、
売上を上げるほど

楽天さんが
自動的に儲かるのです。

でね、恐ろしいのが
ここからで、

ボクが出店していた頃は、
まだ楽天銀行はありませんでした。
(あったかもしれないけど、
 メジャーではなかった。)

が、今はなんと広告費が
ない店舗さんは、

楽天銀行さんから
借金して広告を出す方法が
主流になっているらしいとのこと。

ってことは、、

楽天カードを使って
お買い物をする
お客様からも儲けて、

お店を出している
出店者さんからも
儲けて、

しかも、金ない店舗さん
には金貸して、その利息で
さらに儲けて、

ぐるぐると楽天内で、
消費者と出店者を
回して利益を上げ続けている。

という仕組みが
完璧にできあがているのです。

しかも、システム化
してあるからそないに
手はかからない。

スッゲー、ビジネスモデル
だと思いませんか?

ボクもこんな仕組みを
作りたいなー、
なんて考える今日この頃。

最後まで読んでくれて
ありがとう。

ではまた。^^

PS

画像の写真は楽天市場の
厳選グルメショップ50に
選ばれて

池袋の東武百貨店に
出店した時のものです。

ええ線いってってんけど
大失敗しましたー。

だから、閉店ガラガラしました!笑

家族で京都行ったよ、
めっちゃ楽しかったわーい!

みたいな、内容のうすい
投稿ではありません。

さすが、世界屈指の
観光名所だけあって

どこもかしこも
いろんなお国から
やってきた人人人、

そして、人が集まる場所
には必ずこやつが動く、

そう「マネーの匂い」を
プンプンと感じつつ、

お金の流れについて
考えながら、古都京都
散策を楽しんできました。

阪急神戸線の園田
という駅から電車に
乗っていくのですが、

まず、はじめに”マネー探知機”
が作動したのは、

最近、駅前でよく見かける
激安きっぷの自販機です。

本来、園田駅から目的地
である河原町駅までの乗車
料金は大人400円なのですが、

この自販機では1枚350円
にディスカウントされていました。

だから、往復で1人100円
お得ってことになります。

ということもあり、
3名ほど並んでおられました。

はじめての購入で、
家族5人分をどうやって
買えばいいんだ!

と、もたついている僕に
後ろに並んでいた気さくで
やさしい関西マダムが

激安きっぷ自販機の使い方
を親切丁寧にレクチャー
してくれました。

ここで、一般的な人は
『100円節約できてラッキー!』

と思いながら、そそくさと
電車に乗り込むのでしょうが、

きっぷを買うために
並んでいる人たちを
しばらく眺めながら

============
飢えている群衆をさがせ!
============

という、世界一のコピーライターと
称されているゲイリー・ハルバートの
名言や

==============
腹ぺこの群衆にエサをばら撒け
==============

という、ダイレクトレスポンス
マーケティング界のグルである

ダン・ケネディの言葉を
思い浮かべました。

どういうことか
簡単に言うと、

すでに「そのモノを欲している人」
が集まっている場所を探して

目の前に商品(サービス)を
差し出せ、ということです。

たとえば、

・野球場で売っている生ビール
・コンビニレジ横の甘いもの
・デカい病院の前には何軒もある
 処方箋薬局

など、考えればきりがないほど
たくさん出てきますが、

どれも、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
欲しがっている人が
すでにたくさん集まっている場所、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

で売っていますよね。

だから、駅前のデッドスペース
を有効に活用できる

激安きっぷの自販機
っていいアイデアやなぁ、

ヒラメキを実践した人
すげー!と思いながら
ホームへと足を運んだんですが、、

完全にマーケティング脳に
スイッチが入ってしまったため、

あまりにも大量の情報が
目に飛び込んできてしまい、
溺れ死にそうになりました。

*ありとあらゆる広告や看板、
 人や空気感やその背景など
 妄想しすぎで脳がバースト

しょっぱなから、こんな状態だと
今日1日どうなっちゃうの?

と少し心配しつつ河原町に
ついた後、鴨川のほとりで
軽くランチをしました。

で、そこからは

八坂神社→円山公園→ねねの道
→2年、3年坂→清水寺へと、

定番のコースで
京都散策スタートです。

・おっ、あちこちにゴミ箱が
 設置されてるやんか!
 マナーの悪い海外客の対策なん?
 助かるよなぁ。

・えっ、道端でこんなん売ってる。
 針金を人の名前にくねくねと曲げて
 作ったブローチが500円。高っ!

 ってか、オイオイ、嫁と娘たちが
 欲しそうに反応しとるやんか!

 非日常で感情が高ぶると、
 一気にお財布のヒモって
 ゆるくなっちゃうのねん。

・はぁ!?、きゅうりに割り箸を
 ぶっさした浅漬けが1本250円?

 こんな場所で、
 こんなもの誰が食うねん?

 てか、オイオイ、学生さんから
 大人まで、ポリポリかじりながら
 京都の町を歩いとるやんけー!

・うわぁ〜、舞妓はんきれい〜!

・こらっ、そこのアジア系観光客の集団、
 順番守れや!アホ、ボケ、カス!!

とまぁ、このような感じで
3歳児の手をひき

プーラプーラしながら
清水寺に到着しました。

で、ここで本日最大の
衝撃が待ち受けていました。

清水寺の境内にある
ショップのお品書きを見て
びっくり仰天。

頭痛守、100円だってさ。

その他にも、足腰守、長寿守、
開運出世守、勝守、幸守、

など、訪れた人がどれか
一つは当てはまりそうな

^^^^^^^^^^^^^^^^^^
解消したい慢性的な悩み
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

が、カキコされたお守りが、
売られていました。

しかも、相当の人が
自分の悩みにマッチしたお守り
を購入されていました。

僕は、お守りを買う
という行為に対して、

神聖な場所で
売られている

神様のパワーが宿った
「ご利益がある」お札
を手に入れる。

ではなく、

マーケティング視点で、
見てしまっているので、
ヒヤッと怖くなりました。

なぜなら、

非日常を体験するために
人々が、お金を払ってまで
やってくる場所に、

清水寺という世界的権威
を極限までに活かせる
アイテム(お守り)を

最高の場所(神様のいる境内)
で、痛くなく買いやすい価格で
販売してるんですから。

『あっ、これ私(俺)に
 ピッタリなお守りや。

 せっかく清水寺まで
 来たんやから買っとこ。

 しかも、みんなが買ってるから
 ご利益がありそうやしね〜。

 あ、そうそう安いし
 たぶん喜んでくれそうやから
 〇〇さんの分も買ってあげよう。』

おそらく、

多くの方がこのような
感情のもと、お財布のヒモ
を緩めるのでしょう。

しかも、お守りの効力は
1年と言われているので、

信心深い方は、
毎年買い換えます。

ぼく自身、先祖は
大切にしていますが、

===========
自分の考え方ひとつで
世界が変わる
===========

と信じている派なので、

神様のご利益は
まったく信じてしません。

が、、

ウチも厄神さんの
お守りは毎年、お参りと
同時に買い換えてますしね。

これ、マーケティングの
世界では「継続課金モデル」
と呼ばれる

継続的に一定のお金を
徴収し続ける最強の
ビジネスモデルです。

清水寺ヤバすぎる〜、
商売うますぎ!

なんて考えながら、
撮影のための絶景スポット
を探しました。

で、写真を撮ったのですが、
清水寺の屋根ハゲハゲやん。

結構、ネンき
入っとるよねぇ。

とまぁ、そんなこんなで

歩き疲れ爆睡中の3歳児
を抱きかかえながら
帰宅の途についたとさ。

おわり。

【まとめ】

人が集まる場所では
マネーが動く。

そこで、なぜ人は
お財布のヒモを緩めるのか?

という理由を考えることで
ビジネスチャンスは無限に
ひろがります。

ではまた。^^