どーも、ブログにきてくれて
ありがとうございます!

この記事を読んでくれて
いるおおくの人は、

・雇われる側から抜け出したい
・いちお経営者だけど労働しまくっている
 のに、、儲かってなくて苦しい
・現状キープに必死のパッチの経営者

このようなタイプの方だと思います。

ぼく自身だって、
まだまだ発展途上だし

ぶきっちょだから
遠回りばっかだし
必死のパッチです。

だけど、成長して
大きな成功をつかみたい!

と、心の底から本気で願ってます。

当然、自分の可能性を100%信じてね。

だからこそ、自己投資をつづけてます。

んで、この記事をカキコした理由は2つ

ひとつは、ぼくが実際に購入して
読んでみて、

『できれば、人に教えたくないな。
 この学びを自分だけの秘密にして
 大きな恩恵をひとりじめしたい』

と思うほど、自己成長に役立つと感じたから。

で、もうひとつは、
こっちのメリットもヤバイよ。

ダイレクト出版さんは購入者を
とても大切にあつかってくれます。

そして、ずーっとお客さんで
いて欲しいから

これでもか!というような価値を
無料で提供してくれるんです。

なので、ギブのクオリティが
ハンパなく高い。

当然、あの手この手を使って
怒涛の売り込みもされますが、

視点を変えてください。

「売り込まれた」ではなく、
最新のマーケティングを
無料で学べてラッキー!

よし、すべてパクるぞ!!

と考えるのです。

そうすることで、価値が2倍
どころか、まちがいなく10倍に
跳ね上がります。

あなたの職業が、コーチであろうが整体師、セラピスト、塾の経営者、
医者、弁護士、税理士、司法書士、飲食店や美容室の経営者であろうが、

業種、業態に関係なくどのようなビジネスにもあてはまる、
レバレッシを最大化させるための不変の法則を知ることができますので。

んでね、1冊でも本を買うと、
毎月、以下のよな冊子が送られくるんです。

unnamed

これが、またコピーライティングの勉強に
非常に役立つんですわ。

知識の底上げに役立つのは
さることながら、

読み手の心をグッと引き込む
最強の武器である比喩や

胸のつっかえを一瞬でスッキリ
させてくれるような、うまい
言いまわしなどが満載です。

さすが、年商50億超えの
マーケティング会社だけあって
とにかくいろいろ学べます。

まぁ、あまり褒めすぎるのも
いやらしいので、この辺に
しておきますが、

もしあなた自身が、
ぼく澤井と同じ匂いがするよなぁ

と、親近感を抱いてくれているのなら
読むことでパラダイムが変わると思いますよ。

以下に申し込みリンクを貼っておくので
キャンペーンが締め切られる前までに
チェックしてくださいね。

2980円の本を無料で手に入れる

*12月27日23:59で終了!

yjimage-1

変わりたいのに変われない、
人が変化できない理由とは?

たとえば、

ものすごく現状に不満があって
自分を変えたい人、がいたとします。

しかし、変わるためには

==============
今までの自分に見切りをつけ
「それまでの自分」を否定し、

「それまでの自分」が二度と顔を
出さないように墓石の下に
葬り去る必要がある。
(アドラー心理学より抜粋)
==============

ここまでして、やっとこさ
「あたらしい自分」に
生まれ変わることができる。

いい方をかえると
変化するためには、

まず、今までの自分を
消去するところから
はじめる必要がある。

リセットボタンを
ポチっ、ですわ。

これってものすごく
辛いし怖いし勇気のいる
ことですよねぇ。

なぜなら、

先のまったく見えない
暗闇にダイブするような
ものだから。

どーなるか予測不能だから
超不安な状態ですよね。

そんな無謀なことする
くらいだったら、

少しくらい不満があったり
多少不自由でも

「このまま」の方がいいや
だって〇〇だしね。

と、思わず考えてしまうのが
かなしいかな人間の性です。

ちなみに、

恐怖に遭遇した時に人が
とる行動は3パターン
あるとされています。

その3つとは、

ひとつは「戦う」
もうひとつは「逃げる」
で、最後のひとつは「すくむ」

ビビって一歩も動けん
って状態ですわ。

んで、人にはそもそも
防衛本能ってものが
標準装備されているので、

恐怖に遭遇した時に、

「逃げる」もしくは
「すくむ」という行動を

無意識レベルで自動的に
選択しちゃうんです。

タイムリーな話で
たとえると

先日、某お笑い芸人が
あて逃げしましたよね。

彼はヤバいどうしよう、
と本能的に「逃げ」
を選択したのです。

「たられば」を語っても
あとの祭りですが、

仮に、その場で素直に非を認め
心を込めた対応していれば・・

おそらく、神対応した、
と世間に騒がれイメージアップ
できるチャンスだったのになぁ。

と、ぼく的には考えてます。

ほんまにもったいない
ちょっとの差で、今後の人生に
雲泥の差がつくのにね。

なので、恐怖に遭遇した時に

よし、立ち向かうぞ!
というような

”人生の主導権を握ってる勇者”
は、ほんのわずかなのです。

で、

現状を肯定するための
「このまま」でいい材料を
あれやこれひっぱり出しては、

自分の人生にウソを
ついてることを
誰にもバレないように

こっそりと一人だけの秘密
にしながら生きつづける
人生を自ら選択するのです。

だから、、

人はなかなか変化できないのです。

あらためて言語化してみると
グサっと胸に刺さりますな。

『本当はもっとこうしたいんだ
 けど・・・。』

あなたは人生にウソついてない?

ではまた。^^