高校編

[`twib` not found]


毎度!おいでやマスター澤井です。

前回の~中学校偏~の続きです。

高校は西宮市内にある
ごくごく普通の県立高校に入学しました。

先輩に山崎邦正さんがいてますねぇ。

入学式当日いきなり寝坊で大遅刻して
ちょっと目だってしまいましたが
無事式を終えることが出来ました。

入学して1番最初に悩んだのは
部活です。

別に何かに入らなアカンという決まりは
なかったんですが、スポーツは好きでした。

中学を転校するまで続けていた
野球をしたかったんですが

思春期を迎えた澤井少年は
坊主頭というものにとても抵抗を
感じておりあえなく断念。

坊主頭=イモ臭い。モテないと思っていました。

今ではエグザイルのアツシとか坊主でもカッコええ
ですが、当時はダメでしたねぇ。

まあまあ身長が高かったんで
それだけの理由でやったこともない
バレーボール部に入部しました。

なぜか同じクラスの身長高い順に5人全員が
バレー部やったんでめちゃ楽しかったのを覚えております。

自分だけ左利きという理由から
いつも隅っこで特訓させられましたが・・・。

そんなこんなで高校生活にもなれ
初めての夏休みを迎えたある日

あまり普通の人は体験することのない
貴重な経験をいたしました。

それは部活の合宿中に起こりました。
5日間位の合宿の2日目やったと思います。

その日も早朝からフラフラになりながら
練習してると、先生に呼ばれました。

先生  『おい!お父さんから電話かかってきてるで。』

オイラ 『はいっ!』

こんなくそダルイ時に電話ってなんやねん!
っと思いながら受話器を取り

オイラ 『なにっ!』

っと、ちょっと無愛想に答えました。

すると

父親  『おおっ!悪いけど家なくなったわ。』

オイラ 『はぁっ?』

父親  『だから、家なくなったからいったん帰って来い』

オイラ 『まじっすか・・・。』

その後適当に先生に説明し荷物をまとめて
仲間には何も言わずにその場を後にしました。

そのときの心境を今でも鮮明に覚えております。

家がなくなったという事よりも

『よっしゃ~ぁ。しんどい合宿から開放じゃ~』

っと、めちゃめちゃアホなことを考えていたことを・・・。

帰って来いと言われましたが、帰るところはないんで
集合場所は近くの親戚の家でした。

そこにつくと服とか教科書とか必要最低限の
ものがダンボールに入っておいてありました。

父親の仕事がうまくいかず家賃滞納で
追い出されたとの事でした。

ここでもまた思春期の澤井少年はアホな
考えをしておりましたわ。

『うわ~。ベットの下に隠してたお宝はどないなっとんや~?』

ね、アホでしょ。

小さい頃からいろいろ経験してるんで
これくらいのことではなんとも思わない
精神力が身についておりました。

オヤジよ。ありがとう!

しばらく父親と弟そしてオイラの3人は
親戚のうちでやっかいになりましたが、
周りの協力もありすぐ3人で暮らすことが出来ました。

学校からは以前より遠くに住むことになったんですが
夏休みも終わり学校に行くと、急に合宿から消えたんで
みんながめっちゃ心配してくれていたことを思い出します。

そのまま部活はやめて残りの高校生活は
バイト三昧の毎日でした。

最初は知り合いの手伝いで学校が終わってから
駅前で果物を売るという仕事をし

その後は居酒屋でバイトすることになり
毎日・毎日学校終わってから閉店まで働き

今だから言えますが

給料を全部、酒・タバコ・●●に使っておりました。

当時はバブルの終わりころやったんですが、
そらぁ~楽しかった。

24時前までバイトしてそっから明け方まで呑んで
学校に行って寝るという生活をしばらくしてましたが
ある夜衝撃的なものに出会いました。

いつものようにバイトをしていると
大学生の先輩から

『ええとこに連れていったるわ』

といわれました。

『まっまさか、チョメチョメ?』

っと期待しましたが、全然違いました。

夜の六甲山です。
別に夜景を見に行くんではないですよ。

暴走しに行くんです。

当時、走り屋というものが流行っており
夜な夜な山の中を走り回ったり
ドリフトというものをしてみたりと
そんなことをしている連中がいてました。

週末になるとギャラリーといわれる
見物者もたくさん現れすごいにぎわって
おり屋台なんかも出てました。

初めて連れて行ってもらった時は
延々、真っ暗な山道を走り続けるんで
ゲロゲロで、死にそうになりましたが

何回か連れて行ってもらってるうちに
自分もやりたいとあこがれるように
なっていました。

その頃から夜遊びの回数は減っていき
18歳になったと同時に免許を取って走り屋の
車を買うために貯金しまくりました。

当時は時給500円とかの時代やから
結構キツかった。

マクドとかは480円位とちゃうかったかなぁ。

何とか貯金もできて18才の誕生日の1ヶ月前から
教習所に通い無事ストレートで免許も取れました。

車もバイト先の店長のを売ってもらう約束を
してたんで、免許を取ったその日に
引き渡してもらいました。

いざ~走り屋偏~へ続く

[`twib` not found]