どーも、ライターの澤井です。

コピーライティングやマーケティングに興味のある方は必見!

Web広告、紙(チラシ)に関係なく世の中に存在する
ありとあらゆる”広告”に当てはまる普遍の法則なので、

是非、覚えて欲しいと思います。

誰もが一瞬でマスターできるテクニックです。

良いか悪いか、

つまり、、

ぶっちゃけ、、、

そのチラシで売上が上がるのか上がらないのか
と言う事をたった3秒見わける方法とは?

ーーーーーーーーーーーーーー
見た瞬間に誰がどうなれるのか
ーーーーーーーーーーーーーー

ってことが理解できるか否か、

と言う事です。

言い方を変えると、

チラシを手にした見込み客が、
見た瞬間に、

『これいい!私にぴったりだ』

と、頭の中で実際にチラシに書かれている
商品を買ったりサービスを受けた後の世界、

つまり、

瞬時に使用感をイメージさせる事が出来ているか。

と言う事です。

*ターゲット(見込み客)を絞る必要がありますが、
長くなるのでまたの機会にお話したいと思います。

世の中にある98.6%の広告(チラシ)は、
上記の構成ではなく、

販売者側の「お願い!買ってくれよオーラ」が
バリバリ出まくりなので売れないし、
ウザっと思われてしまうのです。

でね、良いのか悪いのかを
3秒で見わけるテクニックを磨く方法は、

とにかく意識してたくさん見るしかありません。
(見る際のポイントはペルソナになりきる、です。)

折り込み広告、ポスティングされた広告、
ウェブ広告、セールスレター、ランディングページなどなど、

とにかく見まくること、です。

で、良い所だけをパクるんです。

”パクリあり”の業界なのでね。

だから、僕もいろいろと集めまくってますよ。
(スワイプすると言います。)

写真 (5)

ゼロから新しいモノを生み出すよりも

すでに売れている型をたくさんストックして、
状況に応じて使い分ければ良いんです。

超有名なコピーライティングの
本なんかにもハッキリと書かれてますしね。

なんだか、

良いか悪いのかをたった3秒で見分ける方法

というお話から、

パクリの話しへと内容がそれてしまいましたが、

とにかく、そう言う事です。

ではまた。^^