毎度~!澤井です。

よく、「お客さまは神様です」
みたいなこと言う人がいてますが、
オイラはそんなもの真っ赤なウソだ!
という考えの持ち主です。

オイラが商売をしている場所の
半径500メートル以内に、同業種の
店舗が7件あるんですわ。

でね、時々、興味津々なお客さまに
こんな質問をされるんです。

『あそこにライバル店できたけど、
 お店の売り上げに影響してんの、どう?』

みたいな、

けど、そもそもオイラは宇宙一レベルなので、
他店をライバル視するという概念もなけりゃ、

ライバルの存在自体が皆無に等しいので、
ハッキリ、キッパリとこう言います。

『ぜんっぜん、関係ないっすわ、

 てか、アウトオブ眼中ですよ。』

とね。

おそらく、こんな質問をするお客さんは、

『いやぁ~、あの店できてから、売上ガタガタですわ。』

的な答えを期待してたんでしょうがね~。

プッ、( ´艸`)

期待外れでゴメンチャイね。

オイラのマインドはこうです。

他を気にしているようじゃぁダメ、
メンタルブロックを外して卓越した存在に
ならんとアカンよー、ってこと。

じゃなきゃ、一匹狼になれないっすもん。

いきなに、超重要な「ぴきマイ」が登場したので、
メモでも取って覚えておいてくださいね。
(ぴきマイとは、一匹狼マインドの略)

では、今日の本題にいきたいと思います。

===================
なめたらアカン、お客さんは超シビアよ!
===================

先日こんなお客さまが買いに来らました。

50代のおばさまと、そのおばさまの娘さん30代と、
そのまた娘さんの3歳くらいの女の子、御一行様です。

でね、お店に来る前からその女の子は
エライ剣幕で怒り狂い、大粒の涙を
ポロポロと流しながら何かを訴えているんです。

『イヤや、いらん! イヤや、いらん!』

この言葉だけを連呼しておりました。

で、なんでそんなに怒って泣いてるのかを
お母さんに聞いてみることにしたんです。

『えらいブチ切れてますやんかー、

 どないしはったん?』

すると、お母さんはこう言いました。

『お兄ちゃんのとこのたこ焼きがイヤやねんて、

 ここに来る前に通った●●のたこ焼きがええらしいわ。』

ハゥアーーー、ガーン!!(/TДT)/

オイラ。。。

相当なダメージを受けてしまいました。

しかし、一緒にいたおばさんがこういいました。

『アカン、アカン、ここのたこ焼きがおいしいから

 わざわざ買いに来たんやんか。

 あんたそんなにイヤやったら、食べんでいいよ。

 おばあちゃんとお母さんだけで食べるから。

 だってさぁ、●●のお店のたこ焼き1回買ったことあるけど、

 クソまずかったもん。
 
 あんなもん食べられへんわ。二度と買いに行かん!!』

とね。

そ~でっしゃろ、そ~~~でっしゃろ~。(ニヤリ)

オイラは心の中で超いい気持ちになりました。

このお話を聞いてあなたはどう思われましたか?

”1回買ったけど、クソまずかったから2度と買わへん!”

お客さまってね、毎回まいかいお買い物をするとき、

商品のクオリティやサービス、店構え、店員の対応など
すべての項目を厳しい目でチェックしている
ジャッジメントなんですわ。

なので、お客さまは神様なんかじゃないんです。

超きびしい、厳選なジャッジメントなんです。

ですので、なめとったらアカンのです。

真剣にしないで、なめとったら、減点されるんです。

普通に考えたらわかりますよね。

1度買ってマイナスなイメージを受けたお店には
2度と足を運ぶことなんてありませんもん。

いくら、そのお店が頑張って
サービスを改善したとしても、、、

一度、悪いイメージをもってしまうと、
なかなかもう一度買ってみようかな?

という気になんてならないのが、
悲しいかな、人間の性なんです。

しかし、逆にはじめて買ったにもかかわらず、
もの凄いサービスを受け、

『おぉー、なんやこの店は、

 すべてにおいてよすぎるやんかー最高!!

 ラッキー、ええ店みっけたで。』

と、思わせることができれば、、、

リピーターになってもらえることはもちろんのこと、
人って自慢したい生き物なので、

「ええ店見っけたよ!」と、お友達に口コミをしてもらえる、
という恩恵も受けることができるんですわ。

これは、オフライン、オンラインに関係なく
ビジネスをおこなう上でとても大切な基本的マインドです。

”お客さまは、厳選なジャッジメントである”

しっかりと覚えて、あなたのビジネスに生かしてくださいね。

今日はここまでです。

ではまた。^^