毎日、鏡でみる自分の姿は
さほど変わったと感じません。

だけど、

5年前の写真をみると
びっくり仰天

明らかに変化している自分を
実感することができます。

あくまでも、見た目、
外観ですが。

では、中身はどうでしょうか?

5年前よりも
いい方向に変化してる?

それとも、

1ヶ月、1年、3年後も
現状をキープするために

昨日と同じ今日を過ごし
今日と同じ明日を迎える

ブロイラーのような
ライフスタイルを送っている?

そんな人生は
まっぴらゴメンだ!

だから、ぼくは日記を
カキコするようにしています。

当然、小学校低学年レベルの
行った場所や食べたもの
のような内容ではありません。

どのような事に反応し
どのように感じて
どのようにすれば

一歩前進できるのかな?

みたいなコトを
カキコしています。

ちなみに、
今日はこんなコト書きました。

↓↓↓
11月2日(木)

・ゼロの自分に小さな一を足す

・メシを食うために「稼ぐ」のではなく
 お金から自由になるために「働く」のだ。

・群衆を囲い込め

・稼ぐために商品を売るのではなく
 顧客とのラポールを築くために
 商品をつくる。

・飢えた群衆にエサをばら撒け

最近、これらのフレーズが
頭を駆けめぐっている。

どこのだれの支えに
なることができる?

俯瞰的にイマジネーションを
働かせるのだ!俺!!

こんな感じのことを
毎日まいにち綴ってます。

すると、、

自分自身にどのような変化
が起きると思いますか?

「気になる!」って
人がいる場合は、

進化するための日記の書き方
みたいな簡単なレポートを
サクッとカキコしますよ!

ではまた。^ ^

どんどん上手くいく人と
頑張ってるけど成果が出ない人

お互い努力しているんだけど、
どうして差が拡がってしまう
のでしょうか?

===========
人生でもっとも大切な
モノは「時間」である。
===========

このように、両者とも
時間の大切さは十分に理解し

神様から与えられた
1日24時間という

貴重な時間をとても
大切にあつかっている
ハズなのに・・・

なぜ、一方はうまくいき
一方はうまくいかないのか?

その「差」についてのお話です。

はじめに結論から言うと、

両者に差がつく決定的な原因は、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
力を注ぐべきポイントのズレ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

です。

スポーツなんかで
例えるとわかりやすいです。

たとえば、

野球がうまくなりたい少年
A君とB君がいたとします。

A君は、本屋に行って
ちびっこ野球入門の本
を手に入れました。

で、まずはルールから
覚えないといけないと考え

ポジションやカウントの数え方
ボールの握り方からフライや
ゴロをキャッチする際のフォーム、

走塁やスライディングの方法
タッチアップの方法に
バントやスクイズ、バスターなど

ありとあらゆる知識を
頭につめこみました。

が、それではまだ不安を感じ
スコアブックのつけ方を学び

さらにグラブ、バット、
スパイクなど、

どのような道具が初心者
の自分に一番適している
のか、が気になるので、

ネットでリサーチ
をはじめました。

そうこうしているうちに
新品のグローブは慣らしが
必要だ。

という情報を入手し
Amazonでグラブ専用の
オイルを購入しました。

さらに、どうせ手入れするなら
最高に完璧な方法でやりたい。

と考え今度は、
YouTubeの検索窓に

「野球グラブ オイル塗り方」

とタイピングして
いろいろな動画で勉強しました。

『ふむふむ、なるほどな。

 グラブの慣らし方は
 こうすればいいんだ。』

ですが・・・

肝心要のグラブは
まだ手元にない状態なのです。

なぜなら、

リサーチの時点でどれが
自分にぴったりなのか?

と迷ってしまい
どれにしようか
決めかねているからです。

『くっそー、俺にぴったりな
 グラブはどこのメーカーの
 どんなやつなんだ。

 どれ選べばいいか、わからん!』

そこで、野球経験のある
近所のお兄さんに相談
することにしました。

ここまでくればヤバイです。

そうとう重症です。

完全に本来の目的を
見失っている状態です。

当の本人は、
”努力しているつもり”
なんですがね。

かたや、B君はというと、

貯金箱から出した
108円を握りしめ
100円ショップに行き

野球のボールっぽい
デザインのゴム製の
おもちゃのボールを買いました。

で、壁にぶつけて
はね返ってくるボールを
受ける練習をしたり、

ベットに寝っ転がって
フライを投げて受ける
練習をしたりしました。

あと、家にある庭掃除用の
ホウキをバットの代わりに
して、

素振りの練習やボールを
上に投げてホウキに当てる
練習などをやりました。

時々、ボールが台所に
転がってパリーンと
お皿を割っちゃったり、

ホウキの先を襖に当てて
破いちゃったりして

お母さんにプンプン
怒られたりするけど、

毎日まいにち
ボールとホウキで
練習を続けました。

このように、

二人とも野球が
うまくなりたい一心で
一生懸命、努力しています。

ここでクエスチョンターイム!

ーーーーーーーーーーーーーーー
Q.
A君、B君どちらの方が
先に野球がうまくなるでしょうか?

A.
完全にB君に決まっとるやんか!
ーーーーーーーーーーーーーーー

考えるまでもありませんよね。

このように
努力しているようでも

力を注ぐべきポイントを
間違えてしまうと、

労力と時間をムダに
しているだけで
まったく身につかず、

あなた、何やってるんですか?
状態に陥ってしまうのです。

『なるほどー、

 澤井さん、このたとえ話
 とてもわかりやすかったよ。

 けど、

 「力を注ぐべきポイント」
 が一体どこなのか?

 が、イマイチわからんから
 困ってるんだよねー。』

という質問が、
”殺到しそな気”がするので
お答えしておきましょう。

超簡単です。

努力するにあたり
あなたが力を注ぐべき
ポイントとは、

========
出す作業に集中
(没頭)すること、
========

です。

つまり、

頭に詰め込むのではなく、
実際に手足や体を使って
吐き出すという作業が

力を注ぐべきポイント
である。ということなのです。

ようは、

インプットではなく
アウトプットに徹しましょうよ
ってことですわ。

ぼくが今カキコしてる
この記事だってそうです。

これまでに学んで
身につけたスキルを駆使し

頭をフル回転させながら
どうすれば、価値ある
楽しい記事が書けるかな?

と、考えながら
生み出す作業に徹して
いるんです。

で、先ほどは野球の
お話でたとえましたが、

これ、ビジネスの世界でも
まったく同じことが言えます。

何冊も本を読んで、
有料セミナーにも
参加しまくって、

教材などにも
惜しみなくお金をつぎ込み

いろいろなビジネス
コミュニティーにも属している。

このように一生懸命、
自己投資しながら
努力を続けているけど、

ずっと前(1年以上)から、
ライフスタイルがまったく
変化していない。

もし、この記事を読んでいる
あなたが上記のような
状態であるのなら・・・

かなりデンジャラスです。

A君タイプの確率が
ほぼ100%です。

ハッとしましたか?
ですが、心配無用です。

もう勉強は十分です。

あなたが持っている
リソースを今すぐに洗い出して
アウトプットに徹しましょう。

ではまた。^^

PS
あなた自身のリソース。

つまり、

現状すでに持っている
強力な武器や強みって
なんだろう?知ってみたい。

で、それらをビジネスに
活かしたい。

とか、思ってる方
おられますか?

まさに、俺(私)だ。
って方は「いるよ!」

と、簡単なコメント
頂けたらコンテンツ作りに
役立つのでとても喜びます。

Q.これでもか!というくらい
 財布からお金をバンバン抜きとる
 最強のビジネスモデルとは?

A.楽天市場

ボクは以前、リアル店舗を
経営するかたわら

楽天市場にも
お店を構えていました。
(冷凍たこ焼き、お好み、焼きそば)

ちなみに、Amazon、AUショッピングモール
ヤマダモール、自社サイトでも売っていました。

で、当時はただただ、

・売上をあげたい
・お店をデカくしたい
・時代の波(IT革命)に乗りたい

これらの欲求を
満たしたがために、

無我夢中でいろんなことに
チャレンジしていました。

その頃の大量失敗のおかげで
今の自分があるのですが、

マーケティングの
マの字も知らない

リテラシーは
赤ちゃんレベル以下の

業者からすれば
ホイホイお金を払う
うってつけの「金ヅル」でした。

『ネット通販の大手である
 楽天市場に出店すれば
 大儲けできるぞ!

 そして、ランキングで
 1位になって有名に
 なるんだ

 オォー、なんという
 すんばらしいアイデアだ
 神降臨、自分最高天才!

 グフェッフェ、
 おれ様がたこ焼き界を
 牛耳ってやるぜ!』

このような甘っちょろい
おバカな期待を胸にいだき

ボクは楽天市場の
鬼の錬金術にどっぷりと
はまってしまうのでした。

つづく。

『おい、ここで終わりかよ!』

と、思ったあなたの
ためにどーぞ続きです。笑

といっても
ストーリー調で
お話ししだすと

ハリポッターの書籍ほどの
ボリュームになってしまうので

なぜ、楽天市場の
ビジネスモデルが
最強なのか?

ってことだけを
カキコいたします。

まず、楽天市場に
出店するためには

初期登録費を含め
約30万ほどかかります。

で、次年度からは、
出店料が年間24万円ほどです。
(その他プランもあります)

仮にリアル店舗の場合だと
家賃、光熱費だけでも
年間約240万ほどかかります。
(ボクがやってたお店の場合)

これだけで、考えると
楽天は月々、2万ほどで
お店が出せるので

かなりリーズナブルに
感じますが、そうは
問屋が卸してくれません。

契約書にハンコを押せば
すぐにオープンできると
思っていたのですが、

知らないことだらけで
問題が山積みでした。

まず、スタートダッシュ
セミナーみたいなのに
参加したのですが

完全に訳わかめの
チンプンカンプン
状態でした。

なぜなら、HTMLという
言葉すら聞いたことが
なかったし

システムにログインして
自分でお店を
作らなきゃいけない

なんて思って
なかったからです。

説明してくれるお姉さんを
イラッとさせるくらい

HTMLって言葉の意味を
理解するのに時間が
かかりました。

えっ、えっ、

ってなになに?

全然わっからへ〜ん。
延々こんな感じでした。

で、先ほどリテラシーが低い
とカキコしましたが、

IT革命のITの部分を
インフォメーション
テクノロジーではなく、

”インターネットの略”
だとマジに思っていた
くらいですから。

何が時代の波に乗りたい!
やねん。アホですわ。(苦笑)

まぁ、死活問題なので
必死に勉強して
無事にオープンに
こぎつけたのですが、、

とにかく、お店自体の
クオリティーが
とても低いんです。

これじゃ誰も買わんやろー、
まったく売れる気がしない。

商品をクリックすると
しょぼい画像と値段が
カキコしてあるだけ。

他のお店は、シズル感
たっぷりの画像や、

ワイワイガヤガヤ
楽しそうな画像を使った

魅力的なセールスページを
使って販売していました。

・累計2万食突破!
・楽天ランキング5週連続1位
・驚異のリピート率90%

などなど、

マイクタイソンと
のび太がガチンコ勝負を
するくらいの

圧倒的な力の差を
まざまざと見せつけ
られました。

スッゲーなぁ、あんなん、
どうやったらできるんやろ?

到底太刀打ちできない
オレには無理な
世界なのかもしれない。

と、落ち込んだ
ボクに一筋の光が…

何やら、ボクのような
ど素人のために
楽天大学ってのがあるらしい。

その学校には入れば、
イメージしているような

理想的なお店を
作れるようになる。

とのこと。

しかし、

===========
スキルアップのために
自己投資する。
===========

という一匹狼として
生きていくには

ベリーインポータントな
マインドセットを

当時は持ち合わせて
いませんでした。

だから、高っ!
(確か15万くらい)
ボッタクリやん。

しかも、神戸まで何回も
通わなあかんのかい!

そんなお金もないし
仕事いそがしいし
時間もないから無理ムリ、

と思い独学で頑張ることに
したのです。

で、眠い目をこすりながら
画像加工の方法、構成
などを覚え数日かかって

素人感丸出しだけど
小マシなセールスページ
を作ることができました。

やっとできた!
これで少しは売れるやろ。

心地いい疲労感に
包まれながら、

ワクワク、ドキドキ
自作セールスページの
処女作をアップしたのですが、、

おいおい、うんともすんとも
言わへんやんかー!
どないなっとんや?

と思った矢先に
ドンピシャのタイミングで
担当者からの電話が。

『澤井さん、
 広告出しませんか?

 売上を上げている
 店舗さんはみんな
 出してますよ。

 しかも、今ちょうど
 人気があってお得な枠が
 空いてるんです。

 ぜひ、澤井さんに使って
 欲しいと思い

 特別に枠をおさえて
 いるんですが、
 どうされますか?

 入稿の期限がありますし
 人気の枠をこっそりと
 おさえている状態ですので

 2日以内にお返事
 いただけませんか?』

たしか、1週間で5万か7万くらいの
小さな広告枠でしたが、

・みんなやっている
・人気があってお得な枠
・特別におさえてくれている

という言葉に心を
動かされたし、

そもそも、

”営業される”こと自体に
免疫力がなかったために

素直に信じて
使ってみることにしたのです。

すると、、

ちょこっとだけ、
反応がありました。

売上は覚えていませんが
広告費をペイできない
レベルの売上でした。

けど、

ポツポツと【注文確定】
の件名で届くメールを
見るたびに飛び上がりました。

よしよし、やったぞ
売れたやんか!
と素直に喜びました。

3分に1回のペースで
メールボックスを
確認していました。

ですが、喜びも
束の間でした。

広告終了と同時に
受注もパッタリと
止まってしまったのです。

で、またまた
担当者からの悪魔のささやきが・・・

『澤井さん、
 次は前回よりもいい場所に
 広告を出しませんか?

 そこも人気の
 枠なのですが、

 特別におさえる
 こともできますよ!』

はい、キタ、きましたね。

前回の経験を思い出し
ピーンときましたね。

あなたオレに広告を
売りつけてるやろ
誰が2回も騙されるか!

と心の中で思いました。

けど、

『澤井さん、
 カニ部門でランキング
 1位のお店って

 広告費、いくらかけてるか
 知ってますか?

 シーズン前の
 8月あたりから

 約2億円ほど
 かけているんですよ。

 で、一気に4億円ほど
 売り上げるんですわ〜。

 まぁ、どの店舗さんも
 最初は広告使っても

 トントン、もしくは
 マイナスです。

 けどね、長い目で
 みてください。

 新規獲得にはお金が
 ある程度かかります。

 ですが、澤井さんの
 お店のおいしさを

 知ってもらえれば
 どうなると思います?

 確実にリピートして
 くれますよねぇ?

 当然、自信あるでしょ?』

ってな、営業トークを
聞かされたボクは。

チーン。

速攻でお財布のヒモを
緩めたのでした。

しかも、2回、3回と
続けていくうちに

最初は7万円でも高いと
感じていたのが、

いつしか金銭感覚が
麻痺して借金してまで、

バンバン広告
を打つようになってました。

ここで、やっとこさ
楽天市場の錬金術の
お話です。

ここまで読んでくれた
あなたはお気づき
かと思いますが、

楽天市場はただ
出店しただけでは
売上は上がりません。

だから、

初期費用や年間の利用料
意外にも広告費がかかります。

しかも、

そうして得た売上から
いろいろな理由をつけて
小銭をピンハネしているのです。

どのようなものかというと

・システム利用料 3.5~6.5%
・モバイル対応システム利用料 4.0~7.0%
・楽天スーパーポイント
 (楽天会員が購入した代金の1%)
・楽天スーパーアフィリエイト
 (アフィリエイター経由で売れた場合1.3%〜)
・カード決済利用料
 (月額3000円➕2.65〜➕処理料)
・楽天マルチ決済サービス 2.65%〜
・楽天バンク決済 1件155円〜

このように、なんやかんや
チマチマと課金されるのです。

カード決済利用料など
売上が少ない店舗さんは
痛いですよ。

その月に1回でもカード決済
があれば自動的に3000円プラス
ロイヤリティも課金されるんですから。

ほとんどのお客さんが、
楽天カードを使うので
カード決済システムは
必須ですしね。

これらのように、
売上を上げるほど

楽天さんが
自動的に儲かるのです。

でね、恐ろしいのが
ここからで、

ボクが出店していた頃は、
まだ楽天銀行はありませんでした。
(あったかもしれないけど、
 メジャーではなかった。)

が、今はなんと広告費が
ない店舗さんは、

楽天銀行さんから
借金して広告を出す方法が
主流になっているらしいとのこと。

ってことは、、

楽天カードを使って
お買い物をする
お客様からも儲けて、

お店を出している
出店者さんからも
儲けて、

しかも、金ない店舗さん
には金貸して、その利息で
さらに儲けて、

ぐるぐると楽天内で、
消費者と出店者を
回して利益を上げ続けている。

という仕組みが
完璧にできあがているのです。

しかも、システム化
してあるからそないに
手はかからない。

スッゲー、ビジネスモデル
だと思いませんか?

ボクもこんな仕組みを
作りたいなー、
なんて考える今日この頃。

最後まで読んでくれて
ありがとう。

ではまた。^^

PS

画像の写真は楽天市場の
厳選グルメショップ50に
選ばれて

池袋の東武百貨店に
出店した時のものです。

ええ線いってってんけど
大失敗しましたー。

だから、閉店ガラガラしました!笑